鉄道ホビダス

2008年3月26日アーカイブ

東京メトロ東西線5000系

CIMG9011%20001.jpg
東京メトロ5000系は1964年の東西線開業時に登場した車輌。登場当時は3輌編成でだったが路線の延長や乗客の増加に伴い、7輌、10輌と順次増えてきた。5000系は3000系に次ぐステンレス車体で登場し、1967年には東京メトロで初めてのアルミ車体が製造された。東西線のほか千代田線でも活躍をしてきたが、05系の導入と07系の転属により、2007年3月で東西線から引退、ステンレス車体は消滅した。東西線からの引退を記念して2007年1月に深川検車区にて引退記念イベントが行なわれた。現在5000系は千代田支線にアルミ車が3輌編成2本のみ残っている。 '07.1.27 東京メトロ東西線 深川検車区 P:福田智志

レイル・マガジン

2008年3月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.