鉄道ホビダス

2006年12月19日アーカイブ

06_12_19%20.jpg

1961(昭和36)年から1971(昭和46)年に掛けて製造された車輌。当初は2輌だった編成は最終的に8輌まで増強。日比谷線とつながる東急・東武線にも乗り入れ。車体はセミステンレス製、パノラミックウインドウ採用等洒落たデザインであった。写真の3073Fは66年の7次車として6輌揃って登場、'71年の8輌化で中間増結を行った後、冷改されることなく'94年7月までに全廃となった。なお、写真の車輌は'71年中間2輌増結車以外、原型(側扉と窓、通風器等)を保つ貴重な存在であった。 '88.4.30 日比谷線 南千住 P:梶村昭仁

レイル・マガジン

2006年12月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.