鉄道ホビダス

2006年3月20日アーカイブ

D50 365

D50 365.JPG

昭和40年代初頭は、D50はまだ石炭輸送の上で大きな比重を占めていた。昭和40年の配置表によれば滝川6輌、岩見沢10輌、追分8輌、鷲別5輌と、29輌が健在で、この4機関区のD51の配置総数が55輌だから、主力機の34%はD50だったことになる。359号機は1931(昭和6)年川崎車輌製。'67年8月、廃車となっている。'67年頃 岩見沢 P:笹本健次

レイル・マガジン

最近の記事

2006年3月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.