鉄道ホビダス

2006年1月アーカイブ

D51 1160

D51 1160.JPG

1944(昭和19)年、川崎車輌製。ご存じのようにD51は国鉄最多輌数を誇る形式だが、955から1000までが欠番のため、総数は1115輌だが、ラストナンバーは1161番となる。1161号機は'67年に廃車となっているので、それ以降は1160号機が「ラス前」として番号ファンの注目を集めた。 '73..3.29 苫小牧 P:山下修司

■お知らせ ブログ「消えた車輌写真館」をご覧いただきありがとうございます。本ブログも投稿可能な設定にいたしました。珍しい車輌でなくても結構です。消えた車輌たちの面影をブログに保存していきませんか。画面右上のバナーをクリックすれば投稿フォームが開きます。車輌についての詳細が判然としない場合はコメント欄を空欄にして送信していただければ、編集部でできる限り調査の上アップしていきます。

ED76 505

img242 コピー.JPG

北海道の小樽-旭川間の電化用に作られたのが500番代だが、九州のED 76 がED75と同じ磁気増幅器を用いた位相制御方式であるのに対して、こちらはサイリスタ位相制御としたものでS形と呼ばれる。重連仕様のため貫通扉を備え、寒冷地のための大型SGを搭載して全長が長くなり、パンタグラフも空気上昇式のPS102Aとなるなど、九州型とは形態・構造共に大きく異なる。旅客列車の電車化、貨物列車の削減で活躍の場を失い、三菱で'68年に誕生した505号も '87年に廃車された。 '76.2,16 小樽 P:青柳 明

C62 16

C62 16.JPG

1948(昭和23)年、日立製作所製。D52 127のボイラーを使用。名古屋機関区配属時代には〈つばめ〉〈はと〉を、梅小路機関区配属時代には〈かもめ〉を牽引、華々しい活躍をした。'58年下関機関区に転じ、山陽本線をブルートレインをはじめとする優等列車を牽引し山陽路を疾駆。'64年、山陽本線電化を機に広島機関区に転属、翌'65年糸崎に転じる。あらたな活躍の場、呉線でも〈安芸〉〈音戸〉などを牽引、常磐線からやってきた軸重軽減されたC62に比べ空転が少ないと、東海道・山陽生え抜きの15、16、17、41は乗務員からも信頼された。'70年9月の呉線電化開業でもはや命運は尽きたかと思われたが、軸重軽減ののち僚機15とともに津軽海峡を渡ってはるばる小樽築港機関区に転属。今度は風雪の峠に重連で挑むことになる。山陽型のC62は砂撒き管がボイラーケーシングの外に出ているのが特徴で、そのスタイルのまま耐寒装備が施された。小樽築港機関区配属に際し、同機入れ替わりに廃車となる32号機のテンダーを譲りうけている。急行〈ニセコ〉のDL化により、'71年11月、廃車、その花の生涯を閉じた。 '70.1.2 広島 P:笹本健次

小田急 デハ2304

小田急.jpg

1955(昭和30)年に特急用として4輌固定1編成が登場した。走行装置は前年に登場した2200系と同じ1C8M制御の全電動車方式、カルダン駆動、HSCブレーキなどの新技術を踏襲し、湘南型の前面で転換クロスシートを備えていた。SE車の増備に伴い’59年には両開き2扉化、セミクロスシート化などの改造を受けて、特急運用からは離脱した。’63年には3扉化、ロングシート化のうえ、中間車に運転台を設けて2連化、さらに貫通型の前面にされるなど完全な通勤車となった。晩年は多摩線中心に使われたが、82年に廃車となった。 ‘77.10.16 経堂検車区 P:青柳 明

C12 287

C12 287.jpg

1947(昭和22)年日本車輌製。後藤寺機関区、鹿児島機関区を経て1970年(昭和45年)南延岡機関区配属。日ノ影線の貨物列車を中心に活躍。撮影時は鹿児島機関区に貸し出しされていたらしく、指宿枕崎線の貨物列車を牽引していた。現在は千葉県君津市に静態保存されている。 '72.1.1 鹿児島機関区 P:山下修司

D50 90

D50 90.JPG

門デフ装備のD50として人気があった。撮影時は柳ヶ浦機関区に所属、日豊本線で活躍していたが、後に若松区に転属、140号機、205号機とともに筑豊本線で余生を送り、D50の中では最長寿。1925(大正15)年川崎製。9989から改番。'71年3月廃車。 '67頃 柳ヶ浦 P:笹本健次

羽後交通 DC2

img157.jpg

1959年に登場した協三工業製のL型3軸ディーゼル機関車で、ボンネットは下り方を向き、僚機のDC1とは逆向きである。エンジンはDMH17S、定格出力は250psで変速機は液体式である。冬季には運転台側妻面に写真のように、窓から下をすべて覆う大型のフランジャーを取り付けて、スノープラウ以上の排雪効果をあげ、定時運行に効果を発揮していた。横荘線廃止後は雄勝線に移り、その廃止後はさらに南部縦貫鉄道に流れてDC25 1と改番され、南縦廃止後も解体されずに車庫で保管されている。 ‘68.1.3 横手機関区 P:青柳 明

D61 1

D61 1.JPG

D51形の従台車を2軸に改造した形式で、規格の低い丙線にも対応させるため。1959(昭和34)年から1961(昭和36)年に国鉄浜松工場、郡山工場で6輌が生まれた。わが国最後の蒸気機関車の形式。2~6号機は製造当初より密閉式キャブ。この1号機のみ開放型だった。留萌本線、羽幌線で活躍したが、D51との共通運用で、存在意義は希薄だった。 '67
年頃 留萌 P:笹本健次

DD14 1

DD14 1.JPG

DD13を元に新製されたロータリー式除雪機関車で、1961~1965(昭和36~40)年に汽車会社で8輌が作られた。前端に運転のある特異な姿となっており、冬季はロータリー式除雪ヘッドが取り付けられる。冬季以外は除雪ヘッドを外し入換に活躍した。エンジンはDMF31SB-Rを2基搭載しており、積雪量が少ないときはエンジン1基を除雪用に、もう1基を走行用に使用。積雪量が多いときは2基とも除雪用に使用し、後押しの補機を連結する。1987年2月廃車。 '67年頃 旭川 P:笹本健次

76916

79616.JPG

倶知安機関区所属の9600は胆振線内での落石による前照灯破損を考慮し、左右のデフのステーに前照灯を載せた二つ目スタイル。79616は僚機79613、79615、79618とともにそんな特異な姿で、ファンの注目を浴びた。岩内線の運用は函館本線の倶知安峠を越えるため、C62重連急行〈ニセコ〉を撮影するファンにも馴染みだった。後に追分機関区に転属、入換に従事する。1923(大正13)年、川崎造船製。正式な廃車年月日は1976(昭和51)年3月1日で、'76年まで生き延びた数少ない蒸機の一台。現在は日高町に静態保存されている。 '72.5 胆振線 P:笹本健次

C57 196

Scan10026.JPG

1947(昭和22)年三菱重工製。C57四次型唯一の門デフ装備機。同機のデフは改造に際してもとのデフを利用したタイプのもので、前方の斜めの欠きとりも元のデフのまま。宮崎配属時には前照灯がLP42となっており、その点でも人気があった。他の九州配属のC57四次型同様、キャブの扉は撤去されている。コンプレッサー、給水ポンプを避けるためのランボードの凸型部も後に撤去された。 1974年6月廃車。 '67年頃 柳ヶ浦 P:笹本健次

DD11 7

DD11.jpg

動力伝達装置に液体式を初めて使用し、エンジンは気動車と同じDMH17を採用したディーゼル機関車であるDD11の2次車だが、こちらは入れ替え専用の設計に改められたもの。冷却関係も1次車とは違うため、全長や台車間距離が長くなり、それと共にボンネット前部やフロントビーム廻りのデザインも変更されている。7号機は九州の竹下気動車区に配置され、火気を嫌うガソリンタンクなどの入れ替えに従事した。その後、早岐区に転じ’74年に廃車されている。 ’69.3.30 竹下気動車区 P:青柳 明

C55 38

C55 38.JPG

北海道に配属された流線形改造機の中では最後まで残った30号機が有名だが、他には25号機、31号機、32号機、36号機、そしてこの38号機も。'65年の配置表によると室蘭機関区配置のC55は5輌で1号機を除く4輌(30、31、32、38)が流改。25号機、36号機は苗穂機関区の配置だったが後に室蘭区に転属となる。末期の室蘭本線の旅客は岩見沢区の受け持ちだったが、'69年ごろまでは室蘭区の受け持ちで、C55が活躍していた。38号機は'68年3月に廃車となっている。 '67年頃 岩見沢 P:笹本健次

D51 1025

Scan10019.jpg

1972(昭和47)年当時、山口線管理所には8輌のD51が配置されており、4往復半の貨物列車と1往復の旅客列車を牽引していた。旅客列車は益田発5:44の522レと小郡発15:32の521レで、この写真は小郡で発車を待つ522レである。1025機は山口線管理所では唯一の戦時型だが、ドームは標準型のものに置き換えられている。同管理所では鷹取式集煙装置が主流の当時の中国地方にあって、唯一長野式で統一されていた。 '72.4.29 小郡 P:山下修司

留萌15号機.JPG

1889(明治22)年、ドイツ、クラウス社製。1889年、九州鉄道が開業時に輸入。1907(明治30)年、同鉄道の国有化に際し、10形15号となる。1925(大正15)年、除籍後、東横電鉄を経て1931(昭和6)年、北海道に渡り明治鉱業昭和鉱業所で1967(昭和42)まで活躍。昭和鉱業所が閉山となり沼田町に寄贈された。現在は沼田町農業記念館に静態保存されている。 '67年頃 昭和 P:笹本健次

C55 52

C55 52.jpg

1937(昭和12)年、汽車会社製。1939(昭和14)年より九州に。鳥栖区を経て大分区に配属。大分時代に門デフに改造、ロングラン運用のためD51のテンダーと振り替えられた。このタイプの門デフは同機独特のもの。その後、宮崎区を経て若松区に移動し筑豊線で活躍し、1972(昭和47)年3月、僚機号機と共に吉松区に移った。転属後まもなくデフの一部が切り取られた。1974(昭和49)年、宮崎電化後は鹿児島区に転属、1975(昭和50)年まで生き延びた。 '73.1.1 鹿児島機関区 P:山下修司

C56 108

C56 108.JPG

1937(昭和12)年三菱重工製。撮影時は木次線管理所所属。1番違いの僚機107とともに木次線で活躍していた。木次線は中国山地越えの急勾配が続き、出雲坂根の三段スイッチバックは有名だ。運用は備後落合までの1往復で短編成の貨物列車を牽いて30‰を超える急勾配に挑んでいた。1971年10月、貨物列車が廃止となり浜田機関区に転属、三江北線の貨物列車や入換に従事した。’72年8月に山陰本線で運転された4重連の3番めの機を務めている。’74年7月廃車。 ’71.5.23 備後落合 P:山下修司

D51 758

d51758.jpg

1971年昭和46)年、島根県植樹祭に際して米子〜岡山間で運転されたお召列車の予備機。本務機838号機とともにデフに大きな鳳凰のレリーフを取り付けられた。838号機には鳳凰の立ち姿、この758機には大きく羽を広げた姿のもの。運転に先立って一般公開され、新見機関区に集まったファンたちは妍を競う2輌の晴れ姿に見とれた。1972(昭和47)年10月に運転された鉄道100年記念列車は、838号機は廃車、静態保存されてしまったため、この758機が重連の先頭に立った。次位は774号機。運転は岡山〜新見間往復で758号機は往路のみで、帰路は774号機の単機牽引。この写真は新見機関区で行なわれた撮影会の際のもの。 '72.10.12 P:山下修司

EF18 34

img246 コピー.JPG
箱型のボディに細くて長いデッキというスタイルで登場したEF58のうち、32〜34に相当する機関車を貨物用に振り向けたためにできた形式だ。そのため3輌しか登場せず、番号もEF58の続きとなる32〜34となっているのが特徴。歯車比がEF15と同じなので性能的にも変わらない。箱型ボディのEF58が流線型に換装されたので、旧EF58の面影を残す貴重な存在だった。浜松機関区に所属し、静岡地区で働いたが'79年に廃車された。'77.1.23 島田 P:青柳 明

レイル・マガジン

2006年1月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.