鉄道ホビダス

東北地区へ レール輸送用新型気動車投入

 JR東日本では、交換用レールを輸送するために機関車とレール輸送用貨車を使用してきたが、これらの車輌は国鉄時代に製造され老朽化が進んでおり、この置き換えを行うため、新たにレール輸送用新型気動車キヤE195系を投入することを発表した。
 この車輌は、JR東海が開発し、2008年に導入したレール輸送用キヤ97系をベースに、耐寒耐雪対応などを施したものとなっている。
20170912131936-1dbbdbe39f51c63587a23a724f53315bc209b123.jpg
20170912131959-e5a86b790f08f1f2dc1f873942cbdd429604263c.jpg
▲ロングレール輸送用(上)と定尺レール輸送用(イメージ) 画像提供:JR東日本

◆車輌形式
 キヤE195系

◆車輌の特長
 気動車方式とすることで、電化・非電化区間を問わず走行が可能となり、編成の両端に運転台を有するため、機関車の入換作業が不要となる。また、機関車・貨車特有のメンテナンス方法や運転操縦を廃することで、効率的なメンテナンスや要員配置が可能となる。

◆車体寸法
<ロングレール輸送用>
 17.4m(全長)×2.8m(全幅)×4.80m(全高)
<定尺レール輸送用>
 17.4m(全長)×2.93m(全幅)×3.89m(全高)

◆最高運転速度
 95km/h

◆車輌数(量産先行車)
 ロングレール(150m)輸送用 11輌(1編成)
 定尺レール(25m)輸送用   2輌(1編成)

◆投入時期
 2017年冬以降(性能試験実施後に運用開始予定)

◆運用区間
 仙台を中心とした東北地区

listmark詳しくはこちらを参照(pdf形式)

listmarkJR東日本 ウェブサイト


鉄道グッズホビダス・マーケットで見る

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.