鉄道ホビダス

三岐鉄道北勢線を走る「連接台車」の動画公開

 三重県桑名市では、北勢線事業運営協議会と名古屋中学校鉄道研究会との北勢線利用促進PR会議で出された中学生たちからの提案をもとに、全国で3線しか残っていないナローゲージ路線のひとつ、三岐鉄道北勢線を走る車輌200系(K77編成)の「連接台車」の動画を作成、2015(平成27)年5月1日から桑名市ウェブサイト内(http://www.city.kuwana.lg.jp/)にて動画を公開する。
20150402152528-03551a7a2c95a87667e7e47056ad288d64f64a22.jpg
20150402152611-e30b56d1ae79dd53936cfb583e92aba49ecd8ba6.jpg
 連接台車とは、2台の鉄道車輌の間に設置して車輌をつなぐ台車のことで、連結器が主流の日本の鉄道では小田急電鉄、江ノ島電鉄など一部の鉄道で採用されているのみで、非常に珍しい存在となっている。特に、ナローゲージで現存しているのは北勢線200系(K77編成)車輌のみとなっている。
 ナローゲージとは、ゲージ(線路幅)が、国際基準軌の1,435mmよりも狭い線路のことで、日本においては、一般的に、JRが採用している1,067mmゲージよりも狭い、762mmゲージのことを指している。現役で残っている国内のナローゲージ路線は三岐鉄道北勢線、四日市あすなろう鉄道内部・八王子線と黒部峡谷鉄道の3路線だけで、中でも北勢線は、ナローゲージとして日本一長い路線となっている。
 連接台車でつながれた車輌の連結部は、車輌間に扉がなく、床に段差がなく平らになっているのが特徴となっている。また、北勢線を走る他の車輌と比べて静粛性が高く、乗り心地が非常によいのも、大きな特徴のひとつとなっている。
 国内に3線しかないナローゲージの中で最も長い線路を走る連接台車鉄道車輌という、日本で唯一、北勢線にしかない車輌を、桑名市職員が撮影し、動画を作成している。

【問合せ】
 桑名市役所 交通対策係
 TEL 0594-24-1425
 Email:tosiseim@city.kuwana.lg.jp

listmark桑名市 ウェブサイト



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.