鉄道ホビダス
  • TOP
  • 最新鉄道情報
  • 金沢駅西口複合開発プロジェクト施設名称が「クロスゲート金沢」に決定

金沢駅西口複合開発プロジェクト施設名称が「クロスゲート金沢」に決定

 オリックスは、金沢駅西口複合開発プロジェクトの施設名称を「クロスゲート金沢」に決定した。施設名称である「クロスゲート金沢」には、「世界の交流拠点都市」を目指す金沢の玄関口で、ヒト、コト、モノが交差する新しい交流の場として、地域住民と来訪者が交わり、賑わいや新しい価値が創造される施設にしたいという思いを込めている。また、3階には屋上庭園「みらいの丘」を設置する。本施設の中心的な位置にあり、地域の方、国内外の観光客など施設の利用者が集まる広場では、イベントなどを定期的に開催する予定だ。2020年6月に開業予定。



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.