鉄道ホビダス

東武鉄道 C11形蒸気機関車の復元に着手

 東武鉄道では、日本鉄道保存協会が静態保存していたC11形蒸気機関車の、動態保存を目的とした復元に着手する。これは大手私鉄としては初の試みである。
 同社は2017(平成29)年8月10日より、東武鬼怒川線にて約半世紀ぶりのSL復活運転を実施しているが、この事業の目的の1つに「鉄道産業文化遺産の保存と活用」を掲げており、今回の復元を通じて日常の保守のみならず、SL全般に対する技術力の向上を目指すとしている。

■復元予定機
 C11形蒸気機関車

■復元予定時期
 2020年冬

■復元作業実施場所
 南栗橋SL検修庫

■復元予定のC11形蒸気機関車について
 1947(昭和22)年に江若鉄道の発注により、日本車輌製造にて製造。江若鉄道で客車を牽引し、1957(昭和32)年からは雄別炭礦鉄道、1970(昭和45)年からは釧路開発埠頭にて貨物列車を牽引し、活躍した。1975(昭和50)年廃車後、静態保存されていた。

■問合せ
 東武鉄道お客様センター
 TEL.03-5962-0102

listmark東武鉄道ウェブサイト


鉄道グッズホビダス・マーケットで見る

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.