鉄道ホビダス

JR北海道 2016年3月ダイヤ改正について

 JR北海道では、2016(平成28)年3月26日(土)、北海道新幹線新青森~新函館北斗間の開業にあわせてダイヤ改正を実施する。

◆主な内容
・北海道新幹線新青森~新函館北斗間開業
・函館~新函館北斗間に新幹線アクセス列車〈はこだてライナー〉を設定
・特急〈スーパー北斗〉・〈北斗〉(札幌~函館間)を3往復増発し計12往復運転
・L特急〈スーパーカムイ〉と快速〈エアポート〉の直通運転取り止め
・特急〈スーパー白鳥〉〈白鳥〉と急行〈はまなす〉の運行取り止め
・利用の少ない列車や駅の見直し

【北海道新幹線新青森~新函館北斗間開業】

 運転本数は、〈はやぶさ〉を東京~新函館北斗間で10往復、仙台~新函館北斗間で1往復、〈はやて〉を盛岡~新函館北斗間で1往復、新青森~新函館北斗間で1往復運転する。
 最速達列車は東京~新函館北斗間を4時間02分で運転する。下り最速達列車は〈はやぶさ5号〉・〈はやぶさ11号〉、上り最速達列車は〈はやぶさ34号〉となる。

【新幹線アクセス列車〈はこだてライナー〉】

 新幹線アクセス列車〈はこだてライナー〉(函館~新函館北斗間)は、733系電車(基本3輌編成)16往復(32本)を設定し、全て新幹線と接続する。
 速達性を考慮した快速列車と普通列車の2タイプ設定される。快速列車は函館~新函館北斗間を最速15分で結ぶ。

【特急〈スーパー北斗〉・〈北斗〉(札幌~函館間)について】

 新たに261系特急車輌を投入して、3往復増発し12往復(24本)とする。全列車が新函館北斗に停車し、新幹線への接続を図る。

【特急・急行列車の運転取り止めについて】

 北海道新幹線開業に伴い、特急〈スーパー白鳥〉・〈白鳥〉(新青森~函館間)、急行〈はまなす〉(青森~札幌間)、寝台特急〈カシオペア〉(上野~札幌間)の運転を取り止める。

【L特急〈すずらん〉1往復増発】

 早朝に〈すずらん1号〉を増発、夜間帯に〈すずらん12号〉を現行〈はまなす〉と同時刻の札幌22:00発に設定する。

【新千歳空港アクセス輸送について】

 輸送障害などによる路線間相互遅延の波及や運休を防ぐため、L特急〈スーパーカムイ〉と快速〈エアポート〉の直通運転を取り止める。
 快速〈エアポート〉は、6輌編成3ドア車に置き換え、札幌~新千歳空港間の混雑緩和を図る。

【利用の少ない列車や駅の見直しについて】

 一般気動車キハ40系の老朽・劣化に伴い、使用可能な車輌の範囲内でダイヤ設定を行うため、気動車で運転する普通列車79本を減便する。
 また、極端に利用の少ない8駅を廃止する。

・今回廃止する駅
 石勝線  十三里駅、東追分駅
 根室本線 花咲駅
 石北本線 上白滝駅、旧白滝駅、下白滝駅、金華駅
 函館本線 鷲ノ巣駅

 ※室蘭本線 小幌駅については当面1年間存続する。

listmark詳しくはこちらを参照(pdf形式)

listmarkJR北海道 ウェブサイト



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.