鉄道ホビダス

南武線(川崎~立川間)E233系車輌導入完了へ

 JR東日本横浜支社では、南武線の205系・209系(全36編成)を2014年度から順次E233系に置き換えてきたが、最後の1編成となっていた209系(編成53番)について、2017年3月15日よりE233系に置き換えることを発表した。これにより、川崎~立川間を走行する車輌は全てE233系車輌に統一されることとなる。
 今回導入される車輌は、2008年3月に青梅線・五日市線に新製導入された青670編成で、転属改造工事を行いN36編成として導入され、この編成は8500番代となる。なお、青梅線・五日市線で実施されていた半自動ドア扱いは使用中止扱いとなる。

■置き換え時期
 2017年3月15日(予定)

■置き換え車輌
 E233系6輌編成

【参考】
・E233系の特徴
 フルカラー行先表示器、情報提供装置、自動放送装置、3/4閉機能(車内温度の確保や荒天時などに4扉のうち3扉を閉じる機能)、編成の乗車定員924名(209系 乗車定員916名)など
・南武線E233系導入履歴(2014年8月~2015年12月間導入)
 2014年度 16編成
 2015年度 19編成
・209系(編成53番)車輌について
 1994年7月に京浜東北線に新製導入され、2009年7月に転属改造工事を行い南武線で営業運転を開始。

listmarkJR東日本 ウェブサイト


鉄道グッズホビダス・マーケットで見る

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.