鉄道ホビダス

ニコン D3Xを発表

 株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンでは、ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、有効画素数24.5メガピクセルの高精細、高画質を実現したデジタル一眼レフカメラ「D3X」を発表した。

→12月19日発売予定のニコン「D3X」。
P:ニコン PRESS RELEASEより


 この「D3X」は、2007年11月に発売したデジタル一眼レフカメラ「D3」と共通のボディーを採用。優れた機動性、操作性を継承しながら、ニコンFXフォーマットCMOSセンサー(撮像サイズ 35.9×24.0mm)を搭載し、中判デジタルカメラ同等の極めて高精細な画像を提供する。
 常用撮像感度は、ISO100からISO1600までと広範囲で、低感度設定時の高画質はもちろんのこと、ISO1600でもノイズの少ない高画質を実現。さらに、ISO1600に対し約2段(ISO6400相当)までの増感や、ISO 00に対して約1段(ISO50相当)までの減感もできるほか、撮像感度の自動制御も可能である。
 さらに、ニコン独自の包括的デジタル画像処理コンセプト「EXPEED(エクスピード)」に基づくテクノロジーを応用し、「D3X」に最適化した新しい画像処理プロセスが高画質化、処理速度高速化、低消費電力化を実現してる。
 本機の起動時間は「D3」と同じ約0.12秒。レリーズタイムラグも「D3」と同様ほぼメカニカルな限界と言われる約0.04秒を達成している。連続撮影は撮像範囲がFXフォーマット(36×24)または5:4(30×24)時には約5コマ/秒、DXフォーマット(24×16)時には約7コマ/秒の高速連続撮影ができる。また、新世代高速カード(UDMA)に対応しており、「D3」同様のカード記録速度35MByte/秒を達成し。 FXフォーマットで撮影された約7.1M(JPEG・画像サイズ L、画質モード NORMAL)のデータを毎秒約5コマ以上の速度で記録できる。
 AFシステムは、「D3」で定評のあるマルチCAM3500FXオートフォーカスセンサーモジュールによるAFシステムを搭載。中央の15点のクロスタイプセンサーを含む51点すべてのフォーカスポイントは開放F値5.6及びそれより明るいすべてのAF NIKKORレンズで有効となる。またシングルポイント/ダイナミック/オートエリアの3つのAFエリアモードを搭載しており、被写体に即して選ぶことで51点のフォーカスポイントを最大限に活用できる。
 このほか、カメラの傾きをボディーに内蔵した「加速度センサー」で検出し、左右方向の傾き状態を背面液晶モニターに表示できる「デジタル水準器」を搭載しているとともに、UDMA対応のメモリーカード(CFカード)を2枚セットできるダブルスロットを搭載。CFカードを2枚セットし、「順次記録」、「バックアップ記録」、RAW画像とJPEG画像を別々のカードに記録する「RAW+JPEG分割記録」のいずれかを選択することができるほか、「画像コピー」を選ぶと、スロット間で記録画像のコピーもできる。
 なお「D3X」発売予定日は2008(平成20)年12月19日で、価格はオープンプライス。

詳しくはこちら(ニコン ウェブサイト内)

ニコン ウェブサイト

ニコンイメージングジャパン ウェブサイト



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.