鉄道ホビダス
  • TOP
  • 最新鉄道情報
  • エントリークラスのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-m」発売

エントリークラスのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-m」発売

 HOYA株式会社 PENTAXイメージング・システム事業部では、小型軽量ボディに初級者でも気軽に撮影できるわかりやすい操作性をそなえたデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-m(ケーエム)」を10月下旬に発売する。価格はオープン価格。

 同機は新設計の小型軽量ステンレス製シャシーや、手ブレ補正機構の小型化などで、ボディ本体のみで525gと小型軽量化がなされている。基本操作用のボタンやレバーはグリップ側に集中した操作レイアウトを採用し、各ボタンの役割や機能は新設定のヘルプボタンを押すことで液晶モニター上じ表示説明されるので、初めて使用する場合でも各種設定をスムーズに行なうことができる。

 同社独自の手ブレ補正機構“SR(Shake Reduction)”をボディ内に搭載し、シャッタースピード換算で最高4段分に相当する高い補正効果が得られるほか、撮影画像への写り込みを防ぐ“DR(Dust Removal)”機構を採用。
 撮像素子は23.5mm×15.7mm(APS-Cサイズに相当)、総画素数約1075万画素の高性能CCDで、高性能画像処理エンジン“PRIME(プライム/PENTAX Real Image Engine)の搭載により、階調再現性や質感の描写に優れた高精細な描写が可能となる。
 また人物、風景、接写など、被写体や撮影シーンに合わせてカメラが自動的に最適な設定を行なう “オートピクチャーモード”のシーン認識性能をさらに強化、新たに夜景ポートレートの自動認識を可能にしている。
 さらにエントリークラスではトップレベルとなる、最高約3.5コマ/秒の連続撮影が可能(最大5コマまで、JPEG記録時)なほか、5点ワイドAFセンサーにより、高精度のピント合わせが可能で、オート感度設定範囲はISO100からISO3200の超高感度まで対応している。
 背面液晶モニターは2.7型TFTカラーの大型液晶モニターを搭載し、視野角は上下左右とも170°と広く、斜めからでも撮影画像を確認することができる。

 製品はボディ単体のほか、smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL付の「PENTAX K-m(ケー エム) レンズキット」、smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6ALとsmc PENTAX-DA L 50-200mmF4-5.6EDの2本のレンズが付いた「PENTAX K-m(ケー エム) ダブルズームキット」も同時に発売される。
 なおレンズキット、ダブルズームキットに同梱されるレンズは、それぞれ「PENTAX K-mレンズキット」、「PENTAX K-mダブルズームキット」のセット販売のみとなる。

▼(左)smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL。(右)smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6ALとsmc PENTAX-DA L 50-200mmF4-5.6ED。

詳しくはこちら

ペンタックス ウェブサイト



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.