鉄道ホビダス

JR東日本 スーパーグリーン車(仮称)の概要

 JR東日本では3月31日に発表した「グループ経営ビジョン2020 -挑む-」において、新型〈はやて〉用E5系にスーパーグリーン車(仮称)を導入することを発表していたが(掲載記事はこちら)、4月8日にその概要を発表した。

▼スーパーグリーン車(仮称)のイメージ

イラスト:JR東日本ニュースリリースより

 スーパーグリーン車(仮称)は、東北新幹線で高速運転を行なう新型〈はやて〉編成・E5系の新青森方10号車に設置(従来グリーン車は9号車に設置)、座席数は18席(2人掛け+1人掛けの3列シート)。
 『世界最高レベルのスピードと「癒し・やすらぎ」を感じていただける時間をご提供』をコンセプトとし、シートピットは1,300mm(現行〈はやて〉グリーン車は1,100mm ※以下カッコ内数値は現行〈はやて〉グリーン車)、座席幅は500mm(475mm)、肘掛幅は300mm(130mm)、リクライニング角度は45度(30度)となる。
 さらに電動リクライニング、電動フットレスト、電動足掛け、可動パーティション(2人掛)、読書灯、フットライトの付加機能が備わる。
 投入時期は2010年度末を予定している。なお計画の詳細については現在検討中であることから、決まり次第発表されることとなる。

詳しくはこちら(PDF形式)

JR東日本ホームページ



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.