鉄道ホビダス

東武東上線 6月14日(土)ダイヤ改正

 東武鉄道では、東京地下鉄副都心線開業と同時に、同線へ相互直通運転を開始するのに伴ない、2008年6月14日(土)に東上線全線でダイヤ改正を実施する。
 今回の改正では、東京地下鉄副都心線との相互直通運転、平日朝ラッシュ時の急行系列車の所要時間短縮、池袋口の全列車10輌化、昼間時間帯、深夜時間帯の急行列車増発、「TJライナー」の新設、快速急行の新設、越生線ワンマン運転化が行なわれる。
 主な概要は次のとおり。

■東京地下鉄副都心線との相互直通運転
○相互直通運転区間:森林公園-和光市-渋谷
 ※森林公園発着は一部列車のみ
○1日の運転本数
 平日   上り(東上線→副都心線)58本 下り(副都心線→東上線)54本 計112本
 土休日 上り(東上線→副都心線)56本 下り(副都心線→東上線)56本 計112本
○時間帯別運転本数(平日1時間あたり)
 朝ラッシュ時(上り) 7本
 昼間時(上り)     4本
 夕ラッシュ時(下り) 4本
○列車設定
 東上線内は普通列車。副都心線内は急行、通勤急行、各駅停車
※有楽町線関係
 東上線内は普通列車、有楽町線内は準急、各駅停車
 副都心線への直通運転に伴ない、有楽町線への直通列車の本数を見直し
 平日   上り:現行71本→改正後52本 下り:現行73本→改正後52本
 土休日 上り:現行67本→改正後40本 下り:現行68本→改正後40本

■平日朝ラッシュ時の急行系列車の所要時間短縮
 平日朝ラッシュ時(池袋着7:30~8:30)における運転ダイヤを見直し、急行を新設。また池袋までの急行系列車(通勤急行・準急)の所要時間えお最大4分、平均2~3分程度短縮
○新設急行列車
 小川町6:00→池袋7:30
 小川町6:19→池袋7:46

■池袋口における全列車10輌編成化
 池袋口における8輌編成の列車(平日16本、休日24本)すべてを10輌編成化し、混雑緩和や着席機会を向上

■昼間時間帯の急行列車増発
 昼間時間帯における速達性・利便性向上を図るために森林公園発着の急行列車を1本増発。1時間あたり急行5本での運転となる。また、川越市-森林公園間は毎時4本から5本に本数が増加

■座席定員制「TJライナー」の新設
○運転時刻
 平日   1号 池袋18:00→森林公園18:47
       2号 池袋19:00→森林公園19:47
       3号 池袋20:00→森林公園20:47
       4号 池袋21:00→小川町22:02
       5号 池袋22:00→小川町23:02
       6号 池袋22:50→森林公園23:41

 土休日 1号 池袋17:00→森林公園17:47
       2号 池袋18:00→森林公園18:47
       3号 池袋19:00→小川町20:02
       4号 池袋20:00→小川町21:02
○途中停車駅:ふじみ野、川越、川越市、坂戸、東松山、森林公園、つきのわ、武蔵嵐山
○平日・土休日とも、ふじみ野、川越市で各駅停車と接続
○座席数:462席
○着席料金:300円(予定)
 ※池袋から乗車の場合は普通乗車券や定期乗車券のほかに、着席整理券(300円予定)
  が必要(座席定員制)。ふじみ野以降で乗車の場合は着席整理券は不要
○使用車輌:50090型車輌

■快速急行の新設
 平日の夕方上り(池袋方面)への速達性向上、並びに土休日の日帰り旅行向けの利便性を図るため、急行列車よりも速達性を高めた快速急行を新設
○停車駅:池袋、和光市、志木、川越、川越市、坂戸、東松山、森林公園、つきのわ、
 武蔵嵐山、小川町
○運転本数
 平日   上り5本
 土休日 下り2本 上り5本
※これまで土休日に設定されていた特急の種別は消滅

■深夜時間帯の急行増発
 平日の深夜時間帯に急行列車を1本増発
 池袋23:25→森林公園24:24
 ※最終急行は現行より25分繰り下げとなる

■越生線でのワンマン運転実施
○運転区間:越生線全線
○運転開始日:2008年6月14日(土)
○1日の運転本数(全列車4輌編成)
 平日   上下各89本
 土休日 上下各77本 (平日・土休日とも現行と同本数)

詳しくはこちら(PDF形式)

東武鉄道ホームページ



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.