鉄道ホビダス

JR東日本 <成田エクスプレス>に新型車輌導入へ

 JR東日本では、1991年より253系で運転している特急<成田エクスプレス>に新型車輌E259系を導入することになった。

▼E259系の車輌イメージ

P:JR東日本

 E259系は4M2Tの6輌編成で、新造輌数は132輌(6輌編成×22本)。車体はアルミニウム合金製で、制御方式はVVVFインバータ制御方式。最高速度は130km/hとなる。また現在JR東日本で導入しているE233系と同様に、信頼性・安定性向上を図るため、電気機器や保安装置などの主要機器の二重系化を行なう。さらにE2系1000番代に採用しているアクティブサスペンションを両先頭車に、車体間ダンパを全車輌に装備することで、乗り心地が向上する。
 客室内では、普通車の座席はシートピッチ1,020mmの回転リクライニングシートとなり、大型テーブルや座席付近にコンセントを設置し、快適な座席空間を提供する(グリーン車はシートピッチ1,160mm)。さらに腰掛下にも荷物が置けるスペースを設置する。。
 一方、車椅子対応の大型トイレの設置といったバリアフリーの向上を行なうほか、案内表示を数ヵ国で行なうなどのサービスを実施する。また出入口付近や荷物置場への防犯カメラ設置、出入口付近の荷物置場に盗難防止用鍵の設置、各車輌に非常通報装置を設置といったセキュリティーの向上も行なう。
 このE259系は2009(平成21)年秋以降に営業運転開始する予定となっている。

詳しくはこちら(PDF形式)

JR東日本ホームページ



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.