鉄道ホビダス

第28回企画展「空から眺める駅の姿容(すがた)と変遷」

 東北福祉大学・鉄道交流ステーションでは、第28回企画展「空から眺める駅の姿容(すがた)と変遷」を開催する。
 鉄道の駅は私たちの暮らしと密着した身近なものだが、そんな駅の姿の移り変わりを、航空写真を手がかりに見ていく。仙台駅と東北の主要な駅の構造や配置を、空から見渡しながら、戦後から近年にかけてその変遷を探っていく。
 また、特別出品として、「空鉄」で話題のフォトグラファー・吉永陽一さんの作品も展示する。

【主な展示内容】
・空と地上からみる「仙台駅」の変遷
・空から眺める東北の主要な駅の変遷
 「青森駅」「盛岡駅」「秋田駅」「山形駅」「福島駅」「郡山駅」
・空から眺める東北の貨物駅の変遷
 「宮城野駅(現仙台貨物ターミナル駅)」「長町駅」「郡山貨物ターミナル駅」「塩釜線・旧塩釜港駅」
・吉永陽一作品コーナー
 「宮城の『空鉄』」

○会場
 東北福祉大学・鉄道交流ステーション 展示室

○開催期間
 2016年8月2日(火)~11月5日(土)

○開館時間
 10:00~16:00

○休館日
 毎週日曜日、月曜日、祝日
 ただし、10月30日(日)は臨時開館(国見街道まつりのため)
 8月11日~17日(お盆休みのため)、11月1日(火)は臨時休館
 ※その他、悪天候や大学行事などで臨時に休館する場合がある。

○入場料
 無料

・主催:東北福祉大学・鉄道交流ステーション
・特別協力:吉永陽一
・協力:鉄道・運輸機構、JR貨物東北支社
・後援:宮城県教育委員会、 仙台市教育委員会、河北新報社、東北鉄道協会、 (社)交通環境整備ネットワーク、みちのく鉄道応援団

【関連イベント】
 吉永陽一スライド&トークショー「『空鉄』の世界から」

○日時
 10月1日(土)14:00~

○会場
 ステーションキャンパス4F 400教室
(申込不要)

listmark詳しくはこちらを参照

listmark東北福祉大学・鉄道交流ステーション ウェブサイト



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.