鉄道ホビダス

2018年「ブルーリボン賞」・「ローレル賞」決定

 鉄道友の会では、西日本旅客鉄道35系客車をブルーリボン賞(最優秀車両)に、また、東日本旅客鉄道E353系・東武鉄道500系・鹿児島市交通局7500形をローレル賞(優秀車両)に選定した。なお、ブルーリボン賞は第61回、ローレル賞は第58回となる。

■ブルーリボン賞
○西日本旅客鉄道 35系客車
 開発コンセプトを高いレベルで具現化した点や、蒸気機関車列車を永続的に運行するための一つの方向性を示したという点が高く評価され、ブルーリボン賞に選定された。

■ローレル賞
○東日本旅客鉄道 E353系
 斬新なデザインと高機能性、急曲線線区のスピードアップを担うホープであることを高く評価され、ローレル賞に選定された。
○東武鉄道 500系
 既存の特急車とは一線を画する車両を開発することにより、間もなく90年に達する特急運転網の歴史に新たな風を呼び込んだことを選考委員会に高く評価され、ローレル賞に選定された。
○鹿児島市交通局 7500形
 7500形は超低床式路面電車の新しい構造を実現し、今後の新しい方向性が期待される。これらの特徴が高く評価され、ローレル賞に選定された。



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.