鉄道ホビダス

えちごトキめき鉄道 普通列車の車輌デザインを決定

 えちごトキめき鉄道では、並行在来線を走行する普通列車のデザインについて発表した。

○基本的な考え方

 マスコットキャラクターをヘッドマークにあしらい、側面は「日本海ひすいライン」と「妙高はねうまライン」の違いをそれぞれ色とデザインにより強調している。
 また、えちごトキめき鉄道のロゴ・マークを表示し、統一感を持たせたものとしている。

○車輌デザイン

▲P:えちごトキめき鉄道 報道資料より

(1)日本海ひすいライン
 JR西日本姫新線キハ122系をベースに新造。デザインは、「日本海の波」を「鮮やかなブルー」で表現した。
 一般車輌の車内は、2列シート+1列シートの配置とし、空間を広くとっている。
 なお、イベント兼用車輌2輌のデザインについては、現在、検討中。

(2)妙高はねうまライン
 JR東日本新潟支社管内で運行しているE127系を改修する。デザインは、地域の象徴である「妙高山」を「芽吹くグリーン」で表現した。
 車内は、ロングシートとなっている。

○車輌導入時期

(1)日本海ひすいライン
 新造車輌として、開業と同時に全車輌がオリジナルデザインで運行する。

(2)妙高はねうまライン
 JR東日本からの譲渡となることから、新しいデザイン車輌の運行開始日は、決定次第発表する。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)

えちごトキめき鉄道 ウェブサイト

鉄道グッズホビダス・マーケットで見る

バー銀座 パノラマ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • トミックスフェア
  • 魅力の国鉄形セール
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.