鉄道ホビダス

JR東日本2014年3月ダイヤ改正について

 JR東日本では、2014年3月ダイヤ改正について、秋田新幹線〈こまち〉が320km/h運転を開始し、長野新幹線では北陸新幹線金沢開業を前に、先行して新型車輌E7系がデビューするなどのダイヤ改正を実施する。また、利用減少と車輌の老朽化などに伴い、寝台特急〈あけぼの〉(上野~青森間)の運転を取り止める。

【ダイヤ改正の主な内容】

○秋田新幹線〈こまち〉の320km/h運転開始
○長野新幹線に新型車輌E7系導入
○高崎線特急の車輌置き換えに伴う輸送体系見直しと新たな通勤着席サービス開始
○常磐線(各駅停車)のデータイム増発に伴う武蔵野線との接続利便性向上
○東京メガループの利便性向上
○寝台特急〈あけぼの〉(上野~青森間)の運転取り止め

【ダイヤ改正日】
 2014年3月15日(土)

Ⅰ.新幹線

(1)秋田新幹線は新型車輌E6系に全て置き換え、最高速度320km/h運転(宇都宮~盛岡間)を行い、快適性と速達性を更に向上する。また、秋田新幹線の列車名は、275km/h運転の〈こまち〉と300km/h運転の〈スーパーこまち〉の2種類で運転を行っていたが、全列車320km/h運転に伴い、列車名を〈こまち〉に統一する。

(2)〈はやぶさ・こまち〉320km/h運転により到達時分を更に短縮する。これまでE5系の単独編成で運転する〈はやぶさ〉のみが320km/h運転を行っていたが、〈はやぶさ・こまち〉全列車320km/h運転に伴い、東京~仙台・盛岡・新青森間の平均到達時分を短縮。また東京~秋田間は全ての列車が3時間台での運転となる。

(3)〈はやぶさ〉を10時台に2本設定

(4)東京~盛岡間運転の〈はやて〉を〈はやぶさ〉として320km/h運転をする。東京~盛岡間を運転している〈はやて〉(大宮~仙台間ノンストップ、仙台~盛岡間各駅停車)6往復のうち、2.5往復をE5系単独編成またはE5系+E6系併結編成で運転し、最高速度を275km/hから320km/h(宇都宮~盛岡間)に引き上げ〈はやぶさ〉として運転する。なお、このほかの3.5往復は〈はやて〉での運転となる。

(5)長野新幹線に新型車輌「E7系」を投入する。2015年春予定の北陸新幹線金沢開業に向けて投入する新型車輌E7系(12輌編成)を3本投入し、東京~長野間を7往復運転する。E7系は、4月以降毎月約1編成のペースで落成する予定であり、順次〈あさま〉に使用しているE2系と置き換えていく予定。なお、グランクラスは、「シートのみ営業」での営業となる。

(6)東京~長野間〈あさま〉の到達時分を短縮する。長野新幹線では、信号設備の改良(デジタルATC化)により、東京~長野間の到達時分を短縮する。

Ⅱ.在来線

(1)特急〈あかぎ〉・〈草津〉の車輌を置き換え、現在の車輌よりもゆったりとした座席の車輌(651系)とする。
 ※新宿発着の〈あかぎ〉(1往復)に限り、引き続き現在の車輌(185系)で運転。

(2)通勤時間帯の高崎線特急の利便性を向上する。車輌置き換えに伴い、車輌の走行性能が向上するため、到達時分を短縮するほか、停車駅を列車別にパターン化することで、特急列車の速達性と利便性を考慮した輸送体系に改善する。また、〈ホームライナー鴻巣〉を特急列車化したうえで、運転区間を鴻巣から本庄まで延長し、遠距離通勤の利便性を向上する。

(3)平日通勤時間帯の特急を〈スワローあかぎ〉とし、「スワローサービス」を開始する。着席ニーズの高い平日通勤時間帯の特急〈あかぎ〉11本を〈スワローあかぎ〉として運転。特急〈スワローあかぎ〉では、確実に着席乗車できることを目的として、普通車の全座席で座席指定可能となる、新たな通勤着席サービス「スワローサービス」を導入し、利便性と快適性を向上させる。

(4)データイムの常磐線(各駅停車)を増発。また、武蔵野線と常磐線(各駅停車)の接続を改善する。

(5)〈中央ライナー〉を増発。

(6)「東京メガループ」の利便性を向上する。南武線の快速運転の区間を拡大し、各駅停車を増発をする。武蔵野線〈むさしの号〉について、現在、通過している中央線内の豊田、日野、国立駅に停車することで、利便性を向上する。
 ※東京メガループ・・・他の鉄道会社との結節点を多く持つ東京圏の環状線群のことで武蔵野線、京葉線、南武線、横浜線のことを指す。

(7)その他
・利用減少に伴い、特急〈わかしお〉の一部の列車で運転を取り止めるほか、平日の利用が少ない特急〈踊り子102号〉を臨時化し、土休日や繁忙期など利用が見込める時期に運転する。
・利用減少に伴い、宇都宮線の〈ホームライナー古河〉2本の運転を取り止める。なお、〈ホームライナー古河3号〉(上野発 21:02)に代わり、普通列車古河行き(上野発 21:03)を新たに運転する。
・利用減少と車輌の老朽化などに伴い、寝台特急〈あけぼの〉(上野~青森間)の運転を取り止める。なお、多客期に臨時列車として運転をする。

詳しくはこちらを参照(pdf形式)

JR東日本 ウェブサイト



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.