鉄道ホビダス

「鉄道芸術祭vol.3」開催

 今秋、京阪電車なにわ橋駅のアートエリアB1では、“鉄道”の創造性に着目した企画展「鉄道芸術祭vol.3」を開催する。
 今年で3回目を迎える本展では、プロデューサー(共同企画者)に現代の知の巨人であり、「編集工学」や「ブックウェア」という概念を提唱する松岡正剛氏を迎え、言葉からイメージを構築する“言葉による表現”に着目して「上方」をテーマに言葉・本・名物による展覧会を開催する。

【開催概要】

 鉄道芸術祭vol.3
 松岡正剛プロデュース「上方46景~言葉・本・名物による展覧会~」(仮)

○開催期間
 2013年10月22日(火)~12月25日(水)

○休館日
 月曜日(祝日の場合は翌日)

○時間
 12:00~19:00

○入場料
 無料(一部有料イベントあり)

○会場
 京阪電車なにわ橋駅
「アートエリアB1」(所在地:大阪市北区中之島)

○主催
 アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道株式会社)

○監修・企画・構成
 松岡正剛

○協力
 ほんばこや、イシス編集学校

○助成
 おおさか創造千島財団

詳しくはこちらを参照



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.