鉄道ホビダス

京浜急行電鉄 10/21ダイヤ改正

 京浜急行電鉄は10月21日(日)にダイヤ改正を実施する。このダイヤ改正は「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」および「京急蒲田駅総合改善事業」の進捗に伴ない、本線平和島―六郷土手間および空港線京急蒲田―大鳥居間の上下線が同日から高架化されることにあわせて実施するもの。
 主な改正内容は次の通り。

【平日ダイヤ】
○品川・都心方面~羽田空港間の「快特」を倍増し10分間隔で運転、所要時間を短縮
〔日中〕
 品川・都心方面~羽田空港国内線ターミナル間は「快特」を10分間隔で運転、うち40分に1本の割合で「エアポート快特」を運転。これにより、従来、品川・都心方面→羽田空港国内線ターミナルは「エアポート急行」利用で22分のところ、「エアポート快特・快特」で15分(羽田空港国際線ターミナル駅までは19分のところ12分)とし、速達性を向上する。
 また「エアポート急行」を「快特」に変更するに伴ない、品川~京急蒲田間の「普通 の本数を1時間あたり3本増発する。

○横浜方面~羽田空港間の「エアポート急行」を倍増し10分間隔で運転、所要時間を短縮
〔日中・夕方ラッシュ〕
 従来20分間隔で運転していた横浜方面→羽田空港国内線ターミナル直通の「エアポート急行」を1時間あたり3本増発し、10分間隔で運転(倍増)。また、横浜→羽田空港国内線ターミナルの所要時間を29分から26分に短縮。
 夕方ラッシュも、ピーク時間帯に羽田空港国内線ターミナル→横浜方面において「エアポート急行」を1時間あたり6本増発し、10分間隔で運転。これに伴ない、羽田空港国内線ターミナル→横浜の所要時間を最速31分とする。

○朝ラッシュの羽田空港への直通電車を増発
 朝ラッシュのピーク時間帯に、品川・都心方面からの羽田空港行の「快特」を3本増発、現在運行している「エアポート急行」6本とあわせ、1時間あたり9本運転。
 同じくピーク時間帯に、新逗子発羽田空港行の「特急」を3本増発、現在運行している羽田空港行の「特急」3本とあわせ、1時間あたり6本運転。航空旅客および空港線通勤旅客の混雑緩和を図る。

【土休日ダイヤ】
○朝、横浜方面~羽田空港間の「エアポート急行」を倍増し10分間隔で運転、所要時間を短縮
 従来、20分間隔で運転していた横浜方面→羽田空港国内線ターミナル直通の「エアポート急行」を1時間あたり3本増発し、10分間隔で運転(倍増)。
 また、横浜→羽田空港国内線ターミナルの所要時間を30分から26分に短縮。

○夜間、羽田空港から品川・都心方面の「快特」を10分間隔で運転、所要時間を短縮
 羽田空港国内線ターミナル始発、品川・都心方面直通「エアポート快特」および「エアポート急行」を「快特」に変更し、10分間隔で運転。従来、羽田空港国内線ターミナル→品川が「エアポート急行」利用で21分のところ、「快特」で15分とし速達性を向上する。

※日中は平日ダイヤと同様

京急電鉄オフィシャルサイト



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.