鉄道ホビダス

つくばエクスプレス ダイヤ改正で「通勤快速」新設

 つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道は、10月15日(月)にダイヤ改正を実施する。
 今回のダイヤ改正は、TX-2000系3編成の増備および秋葉原駅改良工事、南流山駅ホーム延伸工事が完了し、輸送力増強対策が整ったことにより実施するもの。列車の増発や運行区間の延長などにより、輸送力増強および運行頻度の増加等を行ない混雑緩和や利便性の向上を図る。
 また、平日の朝・夜間ラッシュ時間帯に「通勤快速」を新設、速達性を確保しつつ、混雑の平準化やお客様へのサービスの改善を図る。
 ダイヤ改正の主な概要は次の通り。

○平日(上り)の朝のラッシュ時間帯の最混雑1時間当たりの運行本数を、現在の20本から22本
 とする。

○平日(上り)の朝のラッシュ時間帯に守谷~秋葉原間で普通列車を3本増発、つくば~守谷間で
 列車の運行区間延長や種別変更をし、区間快速列車を2本増発。

○平日のラッシュ時間帯【朝(上り)および夕・夜間(下り)】に「通勤快速」を新設。
 「通勤快速」停車駅は秋葉原~北千住間の各駅、六町、八潮、南流山、流山おおたかの森、
 柏の葉キャンパス、守谷、研究学園、つくばの計13駅。また通勤快速の運転時間帯は、快速
 の運転はない。

○平日・土曜休日ともに秋葉原発つくば行き最終列車を、現在の23:30発から23:45発とし15分繰り下げ。

○平日の夕・夜間時間帯に列車を増発および運行区間の延長(区間増発)を実施。秋葉原~
 守谷間で1本増発、守谷~つくば間で3本区間増発。

○土曜休日の夕・夜間時間帯の運行間隔を改善。

詳しくはこちら

つくばエクスプレス ウェブサイト



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.