鉄道ホビダス

JR貨物 新型電気機関車の製作を発表

 JR貨物は11日、EF210-301とEH800-901の計2輌の新型電気機関車の製作を進めていることを発表した。
 EF210-301は、山陽本線瀬野―八本松間で勾配後押機関車(後補機)として使用しているEF67の後継機。既存のEF210をベースとし、新型シリコン緩衝器を連結器部分に搭載するなど後補機としての機能を装備しているほか、貨物列車の牽引機関車としても使用することも可能。
 車体色はブルーを基調とし、イエローのラインを車体側面の上部と中央にそれぞれ配する。なお落成は2012(平成24)年9月3日の予定。

 一方、EH800-901は北海道新幹線新函館開業以降の青函トンネル共用走行に対応した試作機関車で、共用走行区間(交流25000V/50Hz)と在来線区間(交流20000V/50Hz)の双方に対応する複電圧方式の交流専用電気機関車。新幹線の保安装置であるDS-ATC(デジタルATC)とデジタル列車無線システムを搭載する。
 車体色はレッドを基調とし、車体前面及び側面の中央にホワイトのラインとシルバーのカーブラインを配する。
 落成日は2012(平成24)年秋の予定。


▲EF210-301の外観イメージ。イラスト:JR貨物 プレスリリースより(下画像とも)
▼EH800-901の外観イメージ。シルバーのカーブラインが特徴。

JR貨物 ウェブサイト



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.