鉄道ホビダス

ニコン 「D5100」を発表

 株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンニコンイメージングジャパンは5日、バリアングル液晶モニター、高精細な描写力と豊かな階調表現が可能なCMOSセンサー、画像処理エンジン「EXPEED 2」を搭載した、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5100」を発表した。発売は2011(平成23)年4月21日予定。

→「ニコン D5100」(AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時)

 「D5100」は2009年5月に発売した「D5000」の後継機。バリアングル液晶モニターは2.7型から3型に大型化するとともに、フルHD(1920×1080、30p)に対応した高画質な動画撮影ができる「Dムービー」を搭載している。動画のワンフレームをJPEG画像として切り出しや、動画の前後から不要な部分を削除することができる動画編集機能も備えているほか、別売の外部ステレオマイクロホンME-1を使用することによりステレオ録音にも対応している。
 また、ニコンのデジタル一眼レフカメラでは初採用となる「スペシャルエフェクトモード」を搭載。この「スペシャルエフェクトモード」は、静止画、動画にかかわらず、液晶モニターの表示画像でリアルタイムに確認しながら、撮影時にカメラ本体で演出効果を選択、設定できるもの。、「セレクトカラー」「カラースケッチ」「ミニチュア効果」「ナイトビジョン」「ハイキー」「ローキー」「シルエット」の計7種類の「スペシャルエフェクトモード」が組み込まれている。
 さらに上位機種の「D7000」に搭載しているDXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 2」を採用。高精細な描写と豊かな階調表現を実現し、高画質撮影が可能となる。常用ISO感度はISO 100~6400で、Hi2(ISO 25600相当)までの増感設定ができる。
 このほか、1回の撮影で露出が異なる画像を2コマを撮影して合成することで、よりダイナミックレンジ(階調を表現できる明暗の幅)の広い、白とびや黒つぶれの少ない画像を生成するHDR(ハイダイナミックレンジ)を新たに搭載している。
 「ニコン D5100」はボディ単体のほか、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」レンズ付きの「D5100 18-55 VR レンズキット」、「AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR」レンズ付きの「D5100 18-105 VR レンズキット」、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」レンズと「AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR」レンズが付いた「D5100 ダブルズームキット」が用意される。いずれも価格はオープン価格。

ニコン・ホームページ

ニコン・映像カンパニーホームページ



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.