鉄道ホビダス

特急〈日光〉〈きぬがわ〉に253系リニューアル車投入へ

 JR東日本大宮支社は17日、JR東日本と東武鉄道を直通する特急〈日光〉〈きぬがわ〉に使用している485系・189系を253系リニューアル車に一新することを発表した。253系リニューアル車の運転開始は2011(平成23)年4月16日予定。

▼253系リニューアル車の外観イメージ。

画像提供:JR東日本大宮支社

 253系リニューアル車は6輌編成(4M2T)×2本が投入され、リニューアルにあわせて形式も253系1000番代となる。
 制御方式はVVVFインバータ方式となり、設計最高速度は130km/h(営業最高速度は120km/h)。普通車のみで構成され、編成定員は290名となる。
 また、世界遺産「日光」と首都圏の奥座敷「鬼怒川温泉」へ向かう観光特急にふさわしい色彩とデザイン、車内設備とされ、車体カラーは「赤」「朱」「黄」が用いられる。
 車体カラーの「赤」と「朱」は日光のシンボルである二社一寺や神橋を、「黄」は野山に咲きほこる日光キスゲや美しい紅葉を表している(明るい朱色は現在のJR・東武直通カラーを継承)。
 客室内のシートカラーは日光の大自然をイメージし、偶数号車は「青」、奇数号車は「橙」となる。「青」は華厳の滝や中禅寺湖を表し、「橙」はレンゲツツジや紅葉を表している。


▲(左)2・4・6号車の客室内イメージ。(右)1・3・5号車の客室内イメージ。
 画像:JR東日本大宮支社 プレスリリースより

 このほか、シートピッチが1,020mmから現行485系や東武100系と同じ1,100mmに拡大されるほか、パウダーコーナー(化粧室)が3・4・5号車に、多目的室が2号車に設置され、2号車では車椅子利用の方が使用しやすい動線確保と一部トイレのスペースが拡大される。
 また、海外からの利用客への情報提供サービスを充実させるために4ヶ国語対応(日本語・英語・韓国語・中国語)の案内放送・車内案内サインが設置され、1・3・4・5・6号車にはベビーカーやゴルフバック等の大型荷物収容スペースが完備される。

JR東日本 ウェブサイト

鉄道グッズホビダス・マーケットで見る

バー銀座 パノラマ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 年末年始特大セール
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.