鉄道ホビダス

津軽鉄道開業80周年記念イベント 詳報

 津軽鉄道開業80周年記念イベントが、いよいよ8月28日(土)と29日(日)に開催される。同社では特設サイトを開設し、イベントスケジュールも掲載している。主なイベント内容は次の通り。

◎8月28日(土)
■津軽鉄道開業80周年イベントオープニングセレモニー 10:00~10:30
 開業80周年記念イベントのオープニングにあわせ、記念セレモニーを実施。
○開催場所:津軽五所川原駅ホーム
○主な内容:
・開催の挨拶(津軽鉄道 澤田長二郎社長より)
・来賓の挨拶
・記念ヘッドマーク贈呈式(東京学芸大学鉄道研究部作成)
・テープカット
・ラッセル体験列車出発式

■ラッセル車の体験乗車 10:35~13:20
 開業75周年記念イベントにて好評を博した、貴重な昭和一桁生まれのラッセル車、キ101の試乗会を今回も実施。現在はモーターカーでの除雪作業を行なっており、キ101の出番はなく、走る姿を見ることができるだけでなく、実際に乗車できる今回は大変貴重な機会となる。

○開催場所:津軽五所川原駅ホーム
○乗降場所:津軽五所川原駅ホーム(機関区側線路の発着となる)
○運転時間:
 (1) 10:35~11:10 (2)11:35~12:15 (3)12:40~13:20
○案内事項
・乗車時間は1回約5分間
・参加には「開業80周年記念 津鉄フリーパス」の提示が必要
・乗車は一人1回限り
・予めホーム上にて整理券を配布
・体験イベントを休止している間はキ101とDD352車内の見学が可能

■つてつの車両大集合!撮影会 10:35~13:20
 普段は立ち入り禁止の機関区内留置線にて、車輌撮影会を実施。津鉄で活躍する車輌たちが大集合する。

○開催場所:津軽五所川原機関区
○出演予定の車輌:
 DD351・DD352・津軽21形・キハ22
○案内事項
・参加には「開業80周年記念 津鉄フリーパス」の提示が必要
・4種類の車輌そろい踏みでの撮影を基本とするほか、津軽21形の移動によって車輌
 単体での写真撮影タイムなどを適時設ける予定
・DD351は休車中、キハ22は廃車のため、自走しない
・裏1番線では、ラッセル体験列車が運転されているため、立ち入り可能な場所が制限
 される。大変危険なので、立ち入り禁止エリアには絶対に立ち入らないように
・スタッフの指示に従って撮影を

■津軽鉄道開業80周年記念号の運転 14:10~16:07
 数十年前に運転されたDD352+オハ46+オハフ33+貨車の編成を再現し、開業80周年号として臨時運転。車内では車内販売を実施。

○編成
 (下り)←津軽中里 DD352+オハ46+オハフ33+タム
 (上り)タム+オハ46+オハフ33+DD352 津軽五所川原→

○ダイヤ
 津軽五所川原14:10→津軽中里14:58(混103レ)
 津軽中里15:21→津軽五所川原16:07(混104レ)

○ヘッドマーク
 東京学芸大学鉄道研究部製作80周年記念ヘッドマークを上下列車ともDD352に掲出。

○案内事項
・つくねいもチップス、津鉄どらやき、石炭クッキーなどの車内販売を実施
・乗車された方に乗車証明書をプレゼント

■「客車喫茶オハ」オープン 16:30~19:50
 開業80周年記念号到着後、夜汽車出発までの間にくつろげる空間として、旧型客車の雰囲気をじっくりと味わってもらえるよう、オハ463(現在待合室として使用している客車)を喫茶店としてオープン。また、18:30から19:50までの時間は津軽鉄道の古い映像や写真を車内スクリーンに映す。

○開催場所:津軽五所川原駅ホーム
○案内事項
・客車の車内にて、軽食、飲物を提供(メニューは未定)
・18:30~19:50は津軽鉄道に関する映像等を車内スクリーンにて上映

■夜汽車の運転 19:50~21:51
 開業75周年記念イベントにて好評を博した客車列車による夜汽車を今回も運行予定。途中駅では昔の夜行列車ならではの長時間停車も再現。

○編成:
 (下り)←津軽中里  DD352+オハ46+オハフ33
 (上り)オハ46+オハフ33+DD352 津軽五所川原→

○ダイヤ
 津軽五所川原19:50→津軽中里20:35
 ※定期19レ(下り津軽中里行き最終列車)の時刻を変更して運転

 津軽中里20:50→金木21:04~21:30→津軽五所川原21:51
 ※定期56レ(上り金木行き最終列車)の時刻を変更し、金木―津軽五所川原間を延長
  して運転。

○案内事項
・ヘッドマークの取付けはない
・つくねいもチップス、津鉄どらやき、石炭クッキーなどの車内販売を実施

◎8月29日(日)
■復刻貨物列車の運転 7:57~9:30

 2003(平成15)年に開催した「さようなら金木駅」イベント以来、イベントとしては7年ぶりに津鉄で貨物列車を運転。貨物列車の終点、津軽飯詰駅では、折り返し時間中にミニ撮影会を実施。

○編成
 (下り)←津軽飯詰  DD352+トム+トム+タム
 (上り)トム+トム+タム+DD352 津軽五所川原→

○ダイヤ
 津軽五所川原7:57→津軽飯詰8:10
 津軽飯詰9:17→津軽五所川原9:30

○案内事項
・ヘッドマークの取付けはない

※津軽飯詰駅でのミニ撮影会について
○開催時間:8:30~9:00
○案内事項
・旧副本線に停車中の貨物列車編成を撮影に適した位置に停車し、留置線を開放
・参加には「開業80周年記念 津鉄フリーパス」もしくは、前日・当日の乗車券類の提示が
 必要
・スタッフの指示に従って撮影を

■つてつ青空博物館開館! 車両見学ツアーの開催
 鉄道博物館の収蔵品ともなりうる貴重な車輌たちを、車輌の専門家や同社の社員の説明で詳しく観察する「車両見学ツアー」を開催。

○集合場所・時間:津軽五所川原駅ホーム 10:00集合
             ※9:50より待合室付近にて参加受付

○案内事項:
・事前の予約の必要はない
・約1時間のツアー形式となる
・集合時間に遅れないように集合を。途中からの参加は断られる場合がある

■客車列車の日中運転 11:30~16:07
 当日の101~104レにおいて、ストーブ列車の期間以外ではあまり乗ることのできない旧型客車を定期列車として運転。以前見られた貨車混合列車や、ナハフ連結の通学列車を1往復ごとに再現する。

○編成:
・101レ~102レ
 (下り)←津軽中里  DD352+ナハフ1200+オハ46+オハフ33
 (上り)ナハフ1200+オハ46+オハフ33+DD352 津軽五所川原→

・103レ~104レ
 (下り)←津軽中里  DD352+オハ46+オハフ33+タム
 (上り)タム+オハ46+オハフ33+DD352 津軽五所川原→

○ダイヤ
 津軽五所川原11:30→津軽中里12:19(101レ)
 津軽中里12:41→津軽五所川原13:26(102レ)
 津軽五所川原14:10→津軽中里14:58(混103レ)
 津軽中里15:21→津軽五所川原16:07(混104レ)

○ヘッドマーク
・102レ・104レでは、10年ほど前まで通学時の客車列車などに掲出していた「太宰」のヘッ
 ドマークを掲出。

○案内事項
・ナハフ1200形は、扉開閉に不具合があるため、今回は乗車することはできない
・つくねいもチップス、津鉄どらやき、石炭クッキーなどの車内販売を実施

◎両日共通のイベント
■ミニ電車(栗の木線)の運転 10:00~16:00

 芦野公園内において、好評のミニ電車、栗の木線を運転。

○開催場所:芦野公園内の広場 ※芦野公園駅下車
○料金:1回100円(大人/小児とも)
○案内事項
・「開業80周年記念 津鉄フリーパス」「子供フリーパス」、当日の乗車券類の提示で1回
 無料で乗車することができる

■鉄道グッズ・乗車券即売会
 イベント主会場となる津軽五所川原駅ホームにおいて、硬券乗車券類や各種グッズの即売会を開催。

○開催場所:津軽五所川原駅ホーム
○開催時間
 28日(土) 10:30~11:30/13:00~14:00/16:00~17:00
 29日(日)  9:30~11:30

○主な販売品
・現在無人駅となっている津軽飯詰駅、嘉瀬駅、芦野公園駅の乗車券類
・その他イベントなどで販売しているレアな乗車券類
・津鉄オリジナルグッズ類
※部品類の販売は未定。販売可否、詳しい品目についての事前の問い合わせは、ご遠
 慮を

■列車に乗って暗号を解け! クロスワードラリーの開催
 イベント期間中、各駅、車輌の中に張り出した文字を探してラリー用紙に書いていくと、ある文章が完成する。完成したラリー用紙を津軽五所川原駅のきっぷ売り場に持参すると景品をプレゼント。

○参加方法
 参加するには「開業80周年記念 津鉄フリーパス」、「子供フリーパス」が必要。フリーパス購入の際に一人に1枚渡されるラリー用紙に、各駅、車内の中に張り出した文字を探して指定の場所に記入。全て揃うと文章が完成する。

○景品引換箇所:津軽五所川原駅きっぷ売り場
○景品引換期間:8月28日(土)・29日(日) 10:00~18:00

★開業80周年記念 津鉄フリーパスについて★
 イベント期間中のみの限定で、津軽鉄道線の全線が1日乗り放題となるフリーパスを発売。このフリーパスは各種イベントにおいて参加証としても利用できる。

○発売額:1,500円(大人のみ/小児は下記を参照)
○発売・使用期間:2010(平成22)年8月28日(土)~8月29日(日)
            ※イベント期間中のみの発売
○通用期間:1日間
○効力:津軽鉄道線全線(津軽五所川原―津軽中里間)が1日に限り何度でも乗降可能

※小児ついての取扱い
 「津鉄フリーパス」を購入した保護者に同伴の小学生以下のこどもは無料となる。購入の際に、こどもの人数を確認のうえ「子供フリーパス」を発行する。「子供フリーパス」は「津鉄フリーパス」を持参の保護者と同伴している時のみ使用可能。

津軽鉄道 開業80周年記念イベント特設サイト

津軽鉄道公式サイト



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.