鉄道ホビダス

SIGMA SD15 6月25日発売

 株式会社シグマでは、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「SIGMA SD15」を発表した。

 SD15は、1,406万画素(2,652×1,768×3層)のX3ダイレクトイメージセンサー(CMOS)を搭載。RGB全色を3層で取り込むことができ、原理的に偽色が発生しないため、ローパスフィルターを必要とせず、光と色の情報を余すことなく取り込むことができる。
 画像処理エンジンは、X3ダイレクトイメージセンサー専用の「TRUE II」を搭載し、フルカラーセンサーが捉えた全ての情報を、画像を劣化させることなく高速処理して色彩豊かな高精鋭かつ立体的な描写を実現する。さらに、SD14と比較して2倍のDDRIIバッファメモリを搭載し、さらにバッファメモリの使い方を最適化することにより、最大21コマのRAWファイル連続撮影が可能となっている。
 AFセンサーは5点測距センサーを採用。特に使用頻度の高い中央測距点には高精度クロスセンサーを配置して、測距の精度を高めている。
 ISO感度は100~1600で、拡張モード時にはISO50とISO3200の選択も可能。

 SD15は2010(平成22)年6月25日(金)の発売。「SD15ボディ」のほか、「18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM」が付属した「SD15スターティングキット」も発売される。価格はいずれもオープン価格。

※画像は「SD15スターティングキット」

SD15 スペシャルサイト

SD15 製品ページ



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.