鉄道ホビダス

京急新1000形17次車 2018年春導入へ

 京浜急行電鉄株式会社は、2018年1月から順次営業運転を始める新造車「新1000 形(17 次車・ステンレス車)」において、全面塗装を復活させる。
 近年、鉄道業界では無塗装・フィルム貼りのステンレス車両が主流となっているが、今回のの新造車からは"京急らしさ"を取り戻すために、あえて全面塗装を復活させることとなったとしている。京急電鉄によれば、ステンレス車の全面塗装は関東大手私鉄では初の試みとなる。
 2018年1月に6輌編成1本、2月に8輌編成1本の営業運転開始を予定。今後の新造車についても17次車と同様の仕様を予定している。
 なお、京急の創立120周年となる2018年1月からの営業を予定している8両編成については、創立120周年に合わせ、車体番号に1200番台を使用している。
20171130210013-7c7476c0c2e4cf4ef1b833229f520406dc384088.jpg20171130210039-c3d06b36a68801e929801e21f94309d793ae8a60.jpg
〇導入開始予定
 6輌編成 2018 年1月~
 8輌編成 2018 年2月~

〇車輌数
 6輌編成2本 計 12 両(車体番号 1613~)
 8輌編成3本 計 24 両(車体番号 1201~)
 ※来年度(18 次車)以降の新造車(新 1000 形)についても同様の仕様を予定。

〇仕 様
 (1)車体の全面塗装 従来の新1000形(ステンレス車)では、先頭部のみ普通鋼に塗料を用いて塗装し、そのほかはカラーフィルムをラッピングしていたが、17次車においては全面エナメル塗装とすることで、ドア周りや窓枠まで赤と白を基調とした"京急らしさ"を表現している。
 (2)2画面一体型の情報提供装置(LCD) 各ドア上に2画面一体型の情報提供装置(LCD)を設置し、路線案内などの案内を表示 する。「路線案内表示」や「広域路線表示」については、2画面で表示することで、より詳細な路線図を見ることができる。また、乗り換え案内にはピクトグラム(路線記号)を採用するほか、各案内についてはすべて4言語(日・英・中・韓)表記となる。


鉄道グッズホビダス・マーケットで見る

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.