鉄道ホビダス

千葉県立中央博物館 春の展示 千葉の鉄道物語
―線路が拓いた「観る・住む・運ぶ」―

 千葉県立中央博物館では、鉄道の発達とそれに伴う社会・産業・世相の変化について、主に千葉県内の歴史・出来事に焦点を当て、豊富な実物資料・模型・古写真・絵葉書・図書などを用いてお伝えします。明治27(1886)年に千葉県で最初に敷かれた鉄道である総武鉄道(現JR総武本線)はじめ、県内各地の鉄道を取り上げ、わかりやすく「千葉の鉄道物語」を紹介します。ご家族連れからレイル・ファンまで、老若男女にお楽しみいただける展示です。

■日時
 2019年2月23日(土)~6月2日(日)
 9:00~16:30(最終入館は16:00まで)

■休館日
 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し,次の平日が休館)

■会場
 千葉県立中央博物館
 千葉市中央区青葉町955-2

■入場料
 大人:300円
 高大生:150円
(中学生以下・65歳以上・障害者の方と介護者1名は無料)

■主催
 千葉県立中央博物館

■問い合わせ
 千葉県立中央博物館
 TEL:043-265-3111

listmark詳しくはこちら



facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.