鉄道ホビダス

原鉄道模型博物館
『ノルウェーの鉄道映像展』

原鉄道模型博物館では、2018年6月6日(水)~7月9日(月)の期間中、企画展「ノルウェーの鉄道映像展~カラー映像に残された貴重な鉄道記録~ 」を開催いたします。

原信太郎が初めてノルウェーを訪ねたのは1963年。この時はノルウェー以外にスウェーデン、デンマーク、フィンランドも訪ねて多くの写真を残しています。その後71年、83年、91年とノルウェーを訪問し、中でも、1971年には16mmで本人解説も入れた映像が記録されました。オスロ市電や近郊線のホルメンコーレン鉄道では多くの車両を撮影し、革張り座席の上質な木製車両が丁寧に残されている姿に感激しています。

そして、オスロからノルウェー第二の都市ベルゲンへの特急電車の旅では、約540kmを一日かけてスカンジナビア山脈を越えて走ります。途中、ノルウェーの森とフィヨルドを窓外に走るシーンでは、原信太郎演奏のハモンドオルガンのBGMが流れます。哀愁のあるBGMは原信太郎によるノルウェーの森の印象曲とも言えます。

夕闇にたたずむフィヨルドの街ベルゲンは、古くから交易が盛んであり、美しい佇まいで出迎えてくれました。この日、最終の飛行機でオスロへ戻るという、忙しい出張の合間の日帰りでの540kmの旅でした。

この映像は、約30分。10:15より繰り返し上映いたします。

アルバムからは、オスロ市電、ホメルンコーレン鉄道、ベルゲン特急、フロム鉄道、ナルヴィク、Hammarの鉄道博物館のスチールを紹介いたします。これらの写真解説にあたっては、海外鉄道研究会会長の曽根 悟様をはじめ、永野 晴樹様、服部 重敬様、大賀 寿郎様にご協力いただきました。あらためて御礼申し上げます。

また、ノルウェー大使館にもご協力をいただき、ノルウェーの旅をご紹介する一角も設けました。ノルウェー訪問の度に記録した映像と共に数々の車両写真を収めたアルバムで綴るノルウェーの旅を是非お楽しみ下さい。

■開催期間
2018年6月6日(水)
   ~7月9日(月)
※毎週火曜日休館

■所在地
神奈川県横浜市西区高島1-1-2
横浜三井ビルディング2 階

■開館時間
10:00~17:00
(最終入館16:30)

■休館日:毎週火曜日

■入館料:
大人:1,000円/
中学・高校生:700円/
小人(4歳以上):500円(税込)

■お問い合わせ先
TEL:045-640-6699
公式サイトへのリンク 

オープン日の模様を、RMMスタッフブログにてレポートしています!


↓公式プレスリリース画像
20180528154349-eb49697581d04215c62c990fe52aaccab1f0585f.png


鉄道グッズホビダス・マーケットで見る

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
facebookはじめました!
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.