ニュース

KATO JR東日本E3系2000番代 山形新幹線〈つばさ〉新塗色

2015.06.18
20150618173647-5efd65dcc1c2840681b400081a41a60f6d58601d.jpg
★カラーリングを一新した〈つばさ〉用E3系がKATOから製品化。
★1999年の山形新幹線新庄開業に伴い同線へ投入されたE3系。当初は1000番代、2008年には400系置換用の2000番代が登場し、2014年には山形の県鳥「おしどり」や県花「紅花」をイメージした新塗装が導入された。
★モデルでは新塗装はもちろん2000番代も初登場。ボディは新規製作で、最も目立つライト形状の違い(配列も逆転、尾灯が内側となった)はもちろん、16・17号車の窓配置や大型化・フルカラーLED化された行先表示(「つばさ 山形・新庄」を印刷済)など、細部まで1000番代との差異を作り分けている。
★東京方先頭車にはオープンノーズカプラーが装備され、実車通りE2系との併結運転が楽しめる。
〔価格〕
●塗装済完成品
7輌セット:18,800円+税
※製品の詳細は6月20日発売の『RM MODELS』240号をご覧ください。また、誌面ではこの他にも魅力的な製品を多数紹介しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加