鉄道ホビダス

山陰各線の最近の記事

ミキスト発車

20170630122438-4638e41582ffdf20248395a4d85cac88f28674d7.jpg

社寺風の立派な木造駅舎大社駅を発車するのは客車2輌貨車1輌の混合列車です。長いホームは優等列車が着発したため。お召列車も運転されたという。2004年国の重要文化財に指定された。現在
D51 774が保存されています。 C11 75〔米〕 126レ '68.3.15 大社線 大社 P:高澤一昭 

信号てこ

20170612181541-93cf109a3bbcad9f261b75b5e27909008e91ec89.jpg

10歳の冬、蒸機の運用が終わった長門機関区に行った帰り、一緒だった祖父が、「駅長さんが、信号機を切り換えているんだよ」と、教えてくれました。(どこの駅だったかは、覚えていませんが) '74.12.1 山陰本線 P:小林慎治

敦賀行き937レ

20170518123437-79c10972c793cc73eedccd9648b1e40b592b8b13.jpg

敦賀行き937レ 夕方の福知山駅を発車したC58 222。この列車は綾部で山陰本線から舞鶴線に入り、東舞鶴から小浜線の海沿いを走り、3時間半かけて北陸本線の敦賀に辿り着く。 '71.4.22 山陰本線 福知山 P:中島正樹

D51離合

20170413165337-297eb69793fbd7013224de7747bd3d4d8b7681a2.jpg

D51牽引の貨物列車同士の交換も、今となっては追憶の世界。 '74.1 山陰本線 荒島 P:清原正明

D51 1 

20170127142955-35f5dbb1df56ecab634dd1623b9f3eae6707860d.jpg

奥羽・東北・山陰で3度目の出会い。重油タンクも取り払って原型に近い綺麗な姿でした。 '72.1.3 P:川瀬 剛

綾部駅

20170105114054-55b3c5bea5baa341d7e37238a6dea7eff1f05e04.jpg

山陰本線と舞鶴線の分岐である綾部。本屋側3本の荷物線、向い側には11本の貨物線がありいつも賑わっていました。列車左側には駅弁の立ち売り姿が小さく写っています。 '71.5.16 山陰本線 綾部 P:石地康司

京都駅山陰線乗り場

20161121112007-e5fcd26847bc1cb05783d03d119fdd7159ac6c52.jpg

懐かしの京都駅山陰乗り場。現在のビルの谷間のホームからはとてもではないが想像できない長閑な光景です。時刻表から、園部行きの約20分後に福知山行きが出ることがわかるが、いずれも客レという「贅沢」さ。列車を降りた人々の表情に、一日の日課を終えた安堵が見えます。 '77 山陰本線 京都 P:山下 誠

楽しい校外授業

20161004122352-ad74fa74798d657a0a0e9ac24794bf55d15b2e7f.jpg

浜田機関区で蒸気機関車の写生をしている小学生たちに出会いました。この場所でこんな授業のある子供たちはとても楽しそうでちょっと羨ましく思いました。 '72.10.9 浜田機関区 P:末近義治

終焉前夜

20160929160025-da9f82f3d8e1117fbb27707a48808916cf41a96c.jpg

山陰本線西部で残っていた蒸機も翌年早々には全廃が予想されていた。撮影には比較的列車本数の多い下関側の黒井村を選んだ。駅間には良いカーブもあったが、手軽に駅の発車シーンで済ませた。 '73.11.30 山陰本線 黒井村 P:中島正樹

キハ26 400番代

20160915124427-7ec3ceeabaa63be1819579dde590680d741b9ddd.jpg

キハ55系の一等車キロ25として登場。冷房付キロ28の増備で二等車(キハ26 400番代)に格下げとなりました。当初は急行列車、晩年は普通列車に組み込まれましたが、多くの車輌は座席もそのままでしたから、お得感を味わった人も多いと思います 。'73.1.5 山陰本線 出雲市 P:清原正明

スリムなキハ17

20160602115201-db6bc1cc7c62719b9aec84ac18bfea971787d8e7.jpg

海岸線に沿って細身のキハ17を先頭とした20系、35系の混結ローカル列車がやってきた。 '76.8.23 山陰本線 須佐ー宇田郷 P:森田宏

20160502161511-ac7e2a2e1c89e5a108f0fb8ef56db2d0364131fd.jpg

初めての山陰本線、撮影地ガイドの場所で撮影。偶然にも後藤式デフD51 833と遭遇。 '73.8.22 山陰本線 折居-三保三隅 P:宮山幸雄

江の川に沿って

20160212120321-cee18956cc037297cb9079706419ac816725dc0d.jpg

C56 126がバックで牽引する貨物列車。「混載」がぴったりあてはまります。 '73.12.27  三江北線 江津-江津本町 P:光野 博

力闘

20160208122724-a5c6845900eb3e1580effc7cd60e41be8028cb07.jpg

D51 239〔長〕が25‰の急勾配をゆっくりと喘ぎながら登って来た。罐の調子が悪かったか荷が重かったか、思いのほかの力闘ぶりだ。逆光という悪条件だったが、その煙と割れんばかりのブラスト音に大満足だった。 '74.3.22 山陰本線 長門二見―滝部 P:古澤成博

雪の峠を越えて

20160202193220-173b0021373be2f127419d1eecd62ccfb2acbf12.jpg

雪の日、木次線の貨物列車を牽引して到着したC56。貨車4輌+緩急車輌の短編成なれど、出雲坂根~三井野原の勾配区間はさぞ難儀したことであろう。 '70.12 備後落合 P:清原正明

山間の分岐駅

20160121115613-d69c1a27f2ca1ef29478c8a5b36b886bc009c582.jpg

木次線の分岐駅として賑わった備後落合。由緒ある急行「ちどり」、小兵C56の牽く貨物列車が姿を消して随分経ちました。 '69.5 木次線 備後落合 P:清原正明

夜のD51

20151106123547-eea3e96d435e0de7f8ceaa95856787d7ebcb0f6b.jpeg

旅客列車の発車後に行う入換作業に備えて待機するD51。夜に見る蒸機、昼間とは違った雰囲気でした。 '73.9 山陰本線 長門市 P:清原正明

昼休み

20151027140825-61172d2e4d616021f45e810f63b797f4a0d12318.jpg

昼休憩になり、作業を終えた人たちが詰所に戻っていきます。 '74.9 山陰本線 浜田機関区 P:清原正明

20150914125251-98544b41afe1795b10710102b70a61a88eb1ab39.jpg

コンパクトにまとめられたレイアウトの西舞鶴機関区。敦賀区のC58・福知山区のD51・豊岡区のC57等が運用の合間に停泊していました。左奥には宮津線のキューロクも停まっています。 '71.9.12 舞鶴線 西舞鶴機関区 P:石地康司

中国山地の奥深く

20150811125120-ae7c33c708d0b62ee091d0735617cd9351f6d4a0.jpg

正月明けで貨車が少なく、お目当ての列車は短編成であった。C56 108号機がワムとワフを牽引して勾配を登っていく。 '71.1 木次線 三井野原-油木 P:清原正明

混合列車

20150731122015-14ae40b204d52c7057b8aaeed6ebc1177f642f89.jpg

職場旅行の翌日に別行動して倉吉を訪れ、機関区でC11を撮影後、駅近くのカーブで逆向きのC11牽引の混合列車を撮影、長閑なローカルな雰囲気を楽しみました。 '74.3 倉吉線 倉吉 P:中川弘一

20150615122624-1b1a881ad651e884bb4d434f99971da53de6e3ff.jpg

ホーム端にターレット用の台車が並べられ出発前の長閑なひと時です。 '66.10.2 山陰本線 京都 P:石地康司

嵯峨発車

20150421150047-9512941a1a57e83ca6f68b23a98b38bcf8301c71.jpg

現在はトロッコ列車の発着駅となり嵯峨野観光の中心地。まだ旧木造駅舎が健在な時代。 客車を牽く蒸気機関車も元気だった。  C57 39〔梅〕 1827レ  '69.7.16 山陰本線 嵯峨 P:小西 明

複線区間

20150410130118-98c3912dd120ecc37a54dbe19f0843566e58435a.jpg

宍道湖沿いを国道と並行する複線区間。D51牽引の貨物列車が駆け抜けて行きました。 '74.3 山陰本線 玉造温泉-来待 P:清原正明

終焉迫るDD54

20150410125835-7efa5766db705698f470256a6b8956ce800df3fa.jpg

本州最後の"煙"が消えた次の日、ねぐらに頭を突っ込んだカマたちの後ろ姿が、当時10歳の記憶に、鮮明に焼き付いています。 '74.12.1 長門機関区 P:小林慎治

三条の煙

20141215112853-62bd4df72b501d5d4066a70396579de073f89743.jpg

蒸機終焉の頃、1891レがDL化されたことにより521レ牽引DD51の次位に回送のD51が付くことになり6時27分、まだ明けきらぬ大田市駅に571レ、866レ牽引のD51と合わせ三条の煙が上がることとなった。 '74.9.15 大田市 P:髙橋 明

里の秋

20141027105155-54b10dc5fe8ddb30bc85c4dda2aefc8eca20cd43.jpg

山陰本線に蒸機を求めて難読駅名の特牛(こっとい)駅で下車。滝部側に歩くと穏やかな山間の農村風景が広がり、古びた茅葺屋根の家を点景にD51牽引の列車を撮った。 '73.11.30 特牛-滝部 P:中島正樹

最長距離鈍行到着

20141022111427-28e983bcbc257315aab6235a21247a162b7b303e.jpg

和田山から回送を兼ねた重連で、23時51分824レ最長距離鈍行が終点の福知山に到着。 '78.5.27 福知山 P:野々村康久

鉄道100年記念号

141014_D51758.jpg

山陽本線上を走る記念号です。岡山駅から岡山操車場へ至るこの本線上の区間は、47・3改正以降、旅客列車が無煙化され蒸機が走ることがなかったので、久しぶりの迫力に手が震えました。 '72.10.15 岡山〜岡山操車場 P: 光野 博

渓谷を行く

44_7_D51.jpg

京都駅から約15キロと近場に風光明媚な渓谷があります。保津峡駅で降りて対岸に行くとD51牽引の貨物列車が煙をたなびかせてやっていました。 '69.7 保津峡ー馬堀 P:中川弘一

キハ02

140819_02.jpg

木次線を初めて宍道から乗り、有名撮影地の出雲坂根で下車した。残念ながら日中ここを越える蒸機列車はなく、雪景色のスイッチバックで乗って来たレールバスを撮った。 '64.3.7 出雲坂根-三井野原 P:中島正樹

C58発車

20140911_c58.jpg

綾部-福知山の区間運転は敦賀区配置C58でした。この日はお召列車・小浜線さよなら列車の牽引機171号機です。 '71.5.16 石原 P:石地康司

DD51快走

140818_DD.jpg

かつては蒸機を操っていたであろう、白髪の機関士の横顔が、とても凛々しく思えました。 '78.11.6 綾羅木-幡生 P:小林慎治

京のC57

140730_c57190.jpg

丹波口を出るとやがて左に大きくカーブし、梅小路機関区の裏手を京都駅に向かう。当時の大きなガスタンクは消え去り、中央卸売市場は建て替えで大きくなっている。 1824レ  C57 190〔梅〕 '70.4.22 丹波口 P:小西 明

丹波の山里

140718_d51.jpg

広々とした田園風景が続く静かな山陰路。軽快にやってきた下り貨物。平坦線に見えたが再力行をしたようで白煙に加え、シリンダドレンを出しながら通過していった。
883列車 殿田-胡麻 '70.3.12 P:青木一郎

渓谷をゆく

140717_c57.jpg

山陰本線の京都口は、風光明媚な保津峡の渓谷を縫うように線路が伸びています。保津峡駅では多くのハイキング客が乗降して賑わい、その下の川は保津峡下りの舟が往き交います。 '70.7 保津峡 P:中川弘一

山懐にいだかれて

140717_kiha.jpg

田園風景の中を、陰陽連絡の急行「ちどり」がエンジン音を轟かせて通り過ぎました。 '71.6 油木 P:清原正明

キシ80

140626_80.jpg

最高の景色を堪能できる、"レストラン まつかぜ"です。 '78.5.13 山陰本線 福江-吉見 P:小林慎治

春の馬堀

140422_C57.jpg

緩やかな上り勾配を白線入りのきれいなC57が保津峡へ向けて軽快に飛ばす。春の陽射しの中、盆地の空に広がる白い雲が印象的。園部発京都行 1830列車 '70.3.15 馬堀-保津峡 P:青木一郎

江の川と小兵

140418_c56.jpg

前年夏の水害で粕淵の鉄橋が流失し、貨物列車は石見川本までの運転となっていました。バック運転の小兵C56も、この年11月にはDD16と置き換えられます。 '74.9 江津本町 P:清原正明

急行「ちどり」交換

201401411_kiha28.jpg

かつて陰陽連絡の急行「ちどり」が交換していた出雲三成駅。蒸機時代の給水塔、チップ積み出し貨車などが懐かしい。 '82.4 出雲三成 P:清原正明

和田山の夜

140324_DD5433.jpg

和田山機関支区は終焉間近のDD54最後の砦だった。仲間と事務所を訪れ手続きをしたら「気を付けて撮れよ」の一言をもらい撮影していた少年時代の一コマ。あの日から36年が過ぎた。 '78.5 和田山機関支区 P:野々村康久

潮騒の道

140319_c57_sanin.jpg

折居-三保三隅は山陰本線でも屈指の美しい海岸線が続く区間。C57の軽快なブラストと潮騒が交錯する。 折居-三保三隅 '73.8.23 P:宮山幸雄

140318_signal.jpg

蒸気機関車とともに、腕木式信号機などの古い設備もなくなりました。新しい色灯式信号機が横に向けられ、運用準備が進められていました。 '74.12.1 長門市 P:小林慎治

本州西端の海辺

140311_yutama.jpg

松が生えた岩と澄んだ海。絵はがきのような景勝地をD51の牽引する旅客列車が絶気でやってきた。多少様子は変わったがこの風景は今も残っている。 '74.2.21 湯玉-小串 P:高橋洋二

スイッチバックの駅

140310_c56.jpg

中国地方の山間の駅でも、鉄道フアンにとって有名なスイッチバックの出雲坂根駅に降り立ちました。駅のホームにはDCが停車中のところで、C56の貨物列車が上って来ました。
このあと、C56はスイッチバックをして木次方面へ登って行きました。 '69.9.22 出雲坂根 P: 中川弘一

丹波路のD51

20140310_d51.jpg

この区間は細かな起伏があるようで、荷が重いのか予想以上の良い煙。シャッターを押したくなる気持ちを抑えつつタイミングを狙う一列車、一チャンスの頃。見えるキロポストは京都起点50キロ。 862列車 機:D51527 '70.3.12 下山-胡麻 P:青木一郎

朝の通勤列車

140227_d51718.jpg

長大編成の朝の通勤列車を撮るべく、当時有名撮影地だった梅ヶ峠付近を訪れた。3月とはいえ朝はとても寒く、早朝の暗い光の中、かじかんだ手でカメラブレを起こさないように必死で撮影したのを憶えている。 '74.3.22 黒井村-梅ヶ峠 P:古澤成博

洛西の汽車

140227_c57.jpg

山陰本線を跨ぐ通称「双ヶ丘陸橋」から撮影しました。左側の建物は地元の牛乳工場で、その前を"汽車"という乗り物が走っていた時代風景です。 '67.9.3 嵯峨-花園 P:石地康司

C57 15

img195.jpg

梅小路の若番15号機。両サイドと後面が形式入りプレートでサイドビューで撮影することが多かった機関車でした。 '71.4.11 嵯峨 P:石地康司

最後のC51

131125_c51124.jpg

京都駅から父親の故郷である園部駅まで親子で山陰線の普通列車に乗り込んで出かけました。当時の旅客列車はC57が使用されていましたが、当日は、梅小路機関区に残っていたC51、2輌のうちの1輌である124号機が任にあたり、大きなスポーク動輪が魅力的でした。 '65.4 京都 P:中川弘一

荒磯をゆく

030924_dd51.jpg

カメラと釣り竿は、山陰に出かける際の必須アイテムでした。 '79.4.29 小串-湯玉 P:小林慎治

長大編成

019-061.jpg

今はなき大社線の通勤列車ですが、大阪からの夜行列車(米子まで急行「だいせん5号」)の折り返しのため、20系客車の見事な長大編成でした。 '82.8.14 荒茅ー出雲高松 P:宮城浩志

朝の重連

130628_c5715.jpg

間もなく終焉を迎える山陰線京都口のC57。休日運休の回送の重連ももうすぐ見納めかと思うと、中学の朝練をさぼって撮影に出かけたものだった。 '71.1 嵯峨 P:溝川眞司

関金にて

130617_c11.jpg

鉄研の合宿で山陰へ。ここ倉吉線も調査対象で、関金駅を訪問。2輌の客車を牽引するC11が発車を待つ。ナンバープレートは「形式」入りだった。 '66.8.23 関金 P:高橋孝一

9600の海水浴臨

130612_9600.jpg

1969年当時、まだ冷房車が少ない時代に、丹後方面への海水浴臨時列車に、冷房仕様の夜行急行用寝台車を昼間にハザとして活用して運転されました。なお宮津線内は9600が牽引していました。 '69.8.3 宮津線 東雲 P:中川弘一

上り「あさしお」

130516_kiha.jpg

冬の鉛色の空の下、ともに京都行きの城崎始発宮津線経由の「あさしお8号」と倉吉発の「あさしお6号」が顔を合わせます。 '78.12.27 城崎 P:平井ヨシフミ

終着駅にて

130507_c56.jpg

撮影した当時、浜原駅は三江北線の終点でした。木次区から転じたC56 108がバック運転で到着後、貨車の入換えや組成を済ませると、キハ10(キハ11?)がやって来ました。 '72.5 浜原 P:清原正明

海辺を快走

131426_d52.jpg

山陽本線全線電化2か月前。架線の下ではあったが長い編成を牽く大型蒸機に感激。 機:D52 75 '64.7.28 下松-光 P:青木一郎

最後のC51

130418_c51.jpg

山陰本線で古豪C51 271と新鋭DF50と仲良く並んでいる光景です。この後、C51 271はこの年の10月3日に最後の運用を終え、まもなく廃車されたので、私が見た最後のC51となりました。 '65.7 京都 P:中川弘一

ナメクジ通過

130418_d51.jpg

旧馬堀駅を通過するD51牽引の貨物列車。保津峡を走行中のブラストが徐々に大きくなり緊張が高まる中で撮影しました。 '71.3.21 馬堀 P:石地康司

日陰

kimachi.jpg

交換待ちで停車中の貨物列車。暑い時季なので乗務員がホームに降りて休んでいました。 '74.8 来待 P:清原正明

通過列車接近

130326_taburet.jpg

駅員さんが授受器のタブレットに手を添えて列車の通過を待っています。通票閉塞区間はこうした光景が普通にあり、対向列車待ちの時間に飽きることはありませんでした。 岡見 '72.8.16 P: 髙橋 明

浜風を受けて

130326_c57.jpg

窓を一杯開けた客車を牽き快走するC57。この美しい松林も、その後松食い虫の被害を受けてほとんどなくなってしまったと聞き及んでいます。 '72.8 仁万-五十猛 P:水野秀昭

雪晴れの西舞鶴

130313_c1232.jpg

ラッセルを入換えするC12 32 京都市内に住んでいたが、こういう光景が同じ府内でみられることすら分からなかった。 '71.1 西舞鶴 P: 溝川眞司

C57終焉の頃

130311_c57.jpg

山陰本線の京都口から蒸気機関車が姿を消そうとしている頃に旧二条踏切の鉄製跨線橋に、名残を惜しむ市民が蒸気機関車の勇姿を見物に詰めかけました。 '71.4 二条ー花園 P:中川弘一

大雪の日

130130_dd.jpg

餘部YHで蟹を食べた夜、大雪が降り、DD51が雪を押しながら入線して来た。香住駅の職員が懸命に雪かきを行っていた。 '81.1.3 餘部 P:筒井敦己

駅の風景

130127_bantan.jpg

職場旅行で山陰本線を訪れた翌朝に、豊岡駅でC58の旅客列車に乗車する大きな荷物を背負う行商のおばさんの姿の駅風景です。  '69.4.3 豊岡 P:中川弘一

海岸を行く

130108_dd.jpg

たとえ蒸機でなくとも、"煙"を吐く姿は、カッコいいものです。 '79.4.29 山陰本線 小串-湯玉 P:小林慎治

京都発出雲市行き

121221_dd54.jpg

前日に京都まで臨客を牽いてきたC57 128を福知山まで回送します。DD54はトップナンバー。活躍は短かかったですね。 '71.1.23 嵯峨 P:溝川眞司

D51 499

121213_499.jpg

優雅な曲線美デフを装着する499号機。ターンテーブル上の姿にしばし見とれていました。 '66.10.9 梅小路機関区 P:石地康司

特牛への路

121026_d51 .jpg

出雲市発のこの列車、下関まで300㎞を9時間を掛けて走破する。この地にてほぼ9割方の旅を終え、最後の山区間を走り行く。 827列車 機:D51 214 阿川-特牛 P:青木一郎

残雪の裏大山

120912_c12_kurayoshi.jpg

残雪の裏大山をバックに、関金を出発するC11 41牽引422レ。倉吉線は、1か月後に無煙化された。 '74.3.18 関金-上小鴨 P:大森光祥

米子駅'74

1974_10.jpg

電化前の米子駅は大きな空が広がっていました。上りホームでは急行「石見」が発車を待っています。画面右上にはオロハネ10を含む「さんべ3号」の編成が昼寝をしています。563レ牽引のD51が米操に向け動き出しました。 '74.10 米子 P:髙橋 明

1984.08izumo.jpg

出雲坂根で普通列車と交換待ちの広島行き急行「ちどり1号」。車掌さんの制服の白が眩い。ホーム脇に湧く延命水は今も人気で、国道沿いに新しい汲み場も出来ている。 '84.8.18 出雲坂根 P:山田素義

京都のC51

c51kyoto.JPG

九州旅行の帰りに途中下車した京都で山陰本線の発車シーンに遭遇。この時期、園部までの区間運転には、うれしいことにまだ憧れのC51が使われていた。 '63.12.30 京都 P:中島正樹

夏の昼下り

120725_D51833.jpg

お昼過ぎに田儀駅を発車する561レ牽引のD51 833が勢いよくトンネルから飛び出して来ました。暑い夏の一日で野良仕事をしていたオバさんたちも煉瓦積みトンネルポータルの傍らで日差しを避けて一休みしています。 '72.8.8 田儀-波根 P:高橋 明

珍三重連

120725_c12_maizuru.jpg

東舞鶴駅へ回送のC12を先頭に、DL化に向けた試運転中のDE15、本務機のC58による三重連が、偶然にもやってきました。今思うと大変珍しい編成ですが、当時はC58単独の編成を期待していたため、長い間ボツにしていた写真です。 '71.6 西舞鶴-東舞鶴 P:水野秀昭

奥出雲のキハ07

120614_07.jpg

鉄研の夏季合宿で、宮津線、倉吉線と撮影と調査を経て、木次線にやってきた。木次や出雲坂根などを訪問したあと、出雲三成でキハ07とC56を待った。当時キハは213~215号まで木次線に配置されていたと記憶している。やってきたのは、213号機。普段は、なかなか見られないキハに興奮した鉄研時代だった。 '66.8.25 出雲三成 P:高橋孝一

急行「白兎」

20120613_kiha.jpg

堂々11輌の長大編成で終着駅京都を目指す806D急行「白兎」。キハ58系急行型気動車の最も輝いていた時代だった。 '71.4.25  馬堀-保津峡 P:鈴木博之

北長門夕景

120509_d51_utago.jpg

西日で海が輝く頃に宇田郷付近を行く2762レは私にとって格好の被写体でした。ただ山陰西部撮影行の時に晴れるとは限らず、列車が来る頃になると陰ったりとなかなかうまくいきません。そんな2762レでしたが、この日は最高の条件の中で北長門の海を通過して行きました。 '74.9.15 宇田郷-須佐 P:高橋 明

急行「さんべ」

120509_kiha.JPG

キロを含む、4輛編成の急行「さんべ」は、特急「まつかぜ」とともに、西の山陰本線を代表する優等列車でした。 '79.4.29 小串-湯玉 P:小林慎治

晩秋の西舞鶴

20509_d51.jpg

西舞鶴駅を発車するD51貨物列車。後方には冬に備えて試運転中のラッセル車が見えます。 '76.11.14 西舞鶴 P:水野秀昭

朝もやをついて

120427_c51.jpg

早朝、朝もやのなか京都へ上がってくる山陰本線の旅客列車を梅小路機関区の横で写しました。この日、家を出る前にケネディ大統領が暗殺されたニュースをアメリカからの初めての衛星中継で流れるテレビで見たのを覚えています。 '63.11.23 丹波口-京都 P:青山春樹

動輪

120426_wheel.JPG

本州最後の蒸気機関車が走った次の日、祖父にお願いして、長門機関区に行きました。まだ熱気がこもる庫内は静かで、当時10歳の手には大きい父のペンタックスで、自分の背丈ほどの「デゴイチ」の動輪を撮りました。 '74.12.1 長門機関区 P:小林慎治

七尾のC58

120424_.c58.jpg

この年の5月連休は万博との掛け持ちで忙しかった。そこで関西から比較的近い七尾線に決めた。金沢行 322レ C58 266〔七〕 '70.5.3  羽咋付近 P:小西 明

終末期のマニ32

120423_mani32.jpg

戦前型荷物車の代表的形式であるマニ32も、1960年代末に大量廃車され、撮影時点で残された車輌は、ごくわずかだった。この日の運用「南東荷2」は、はるばる汐留から浜田へ向けて継走されるもので、36・10以前の急行「出雲」と走行区間がほぼ重なっているのが興味深い。 '70.6.28 松江 P:石原裕紀

120330_.d511.jpg

D51 1の引退記念列車の三重連です。有名な田儀東港のSカーブは場所を選べるような余地はなく、線路が見える所に立てただけでも幸運なくらいの混雑ぶりです。今なら「後ろから抜かして下さい」と2重三重の人垣ができたことでしょう。当日は前日の大雨が嘘のような青空が広がり、朝陽を受けた主役のD51 1は得意満面な顔で意気揚々と大勢のファンの見守る中を走り抜けて行きました。 '72.8.27 田儀-小田 P:髙橋 明

C57の交換

120327_c57.jpg

47・10ダイヤ改正で無煙化が更に進み、C57の交換は、ついに平日1回きりになってしまった。画面手前がC57 156牽引の休日運休527列車。奥がC57 5牽引の546列車。 '72.12.26 出雲市 P:石原裕紀

梅小路のC51

120323_.c51271.jpg

今は蒸気機関車館になっている梅小路機関区。主に山陰線を受け持っていて、このC51も山陰線の短距離をオハ61などの旅客列車を牽いて走っていました。 '63.12.17 梅小路機関区 P:青山春樹

朝の峠

120214_d51797.JPG

山陰本線でのD51活躍の場所も狭められていた頃、3日間をかけて本州最後の蒸機を追った。近くのYHに泊って朝方の列車を狙ったところ。 '74.9.15 滝部-長門二見 P:宮山幸雄

通勤列車

120228_c11.jpg

画面右はC11 261牽引で到着した622列車。画面左はゾロ目のC11 11牽引で発車する623列車。DE10による無煙化を1週間後に控えて最期の活躍を見せる。 '71.4.18 米子 P:石原裕紀

暁の驀進

conv0001.jpg

一夜の宿を鈴虫の音色に包まれた特牛駅待合室で過ごした朝、白々と夜が明ける峠道をD51牽引の客車列車が、朝露を踏みしめ颯爽と走って行きました。何年経っても鈴虫の音色を聞くと思い出す場面です。 '74.9.30 特牛-滝部 P:衛藤哲也

蒸機最終日

120222_.c5789.jpg

嵯峨駅から花園寄りの踏切沿いで待機していると、お母さんと子供さんが最後の雄姿を見にこられた。明日の朝からはこの汽車は赤いディーゼルに牽かれてやって来る。 '71.4.25 嵯峨-花園 P:石地康司

僕は機関士

120217_conv0001.jpg

山陰本線を益田~下関間というロングランの蒸気機関車牽引の客車があった時代。長門市駅で機関車交換のためになんと30分の停車。家族連れが、男の子をキャブに乗せてもらっていたところを撮影。自慢げな男の子の顔が印象的だった。 '74.4.4 長門市 P:衛藤哲也

気動車の窓から

umagatou_eki.JPG

気動車の"バス窓"越しに見える、木枠の駅名板。本州最西端のこの駅の周囲では、まだ"ハエタタキ"を見ることができました。 '79.4.29 梅ヶ峠 P:小林慎治

1985_8_5r.jpg

青い空に碧い海に甍の上を行く「だいせん4号」はいかにも山陰らしい風景です。夏季の間は東浜にも臨時停車するこの列車は豊岡から8輌編成となり福知山線経由で大阪を目指します。 '85.8.5 東浜-居組 P:髙橋 明

「まつかぜ2号」

120213_kiha82.jpg

三見駅でのD51貨物との列車交換を8㎜で狙う前に新大阪行きキハ82系「まつかぜ2号」を撮ったもの。この当時は7輌編成にグリーン車、食堂車がついていた。 '74.9.15 三見-飯井 P:宮山幸雄

懐かしの嵯峨駅

120209_1960ケd51 s44.7.16.jpg

駅正面には小さな三角屋根を持つ、モダンな感じの駅舎だった。 近くには私が生まれた官舎があった。 駅舎全体を入れよう思ったが、上りの貨物がやってきたので、慌ててシャッタ-を切ってしまった。 明治37年建築の木造駅舎は、新駅ができるまではJR西日本管内の最古の駅舎として存在感があった。 '69.7.16 嵯峨 P:小西 明

お別れ運転の日

120127_d51720.jpg

山陰本線下関口「さよならSL」運転当日、機関区でD51を撮影している横、本線を九州へ485系特急「なは」が駆け抜ける! '75.1.12 下関機関区 P:木部智司

光る海

090131_49_8.jpg

真夏の日差しが少し弱まった頃「光る海」とシルエットで撮れないかと段々畑に上がってみたが、バックに海が入る良い所を見つけることができなかった。 '74.8 宇田郷-須佐 P:高橋 明

お召編成回送

11114_dd_.jpg

先日この地にお召列車が運転されましたが、85年の「わかとり国体」の時には回送区間でした。予備機を従え、重連で通過する姿はとてもかっこよかったです。 '85.10.21 山陰本線 泊-松崎 P:鈴木敏行

保津峡錦秋

111012_hozukyou.jpg

この年の紅葉は遅く、12月になってようやく見頃を迎えた。午後の斜光線に映える紅葉の保津峡に806D 急行「白兎」がやってきた。 '77.12.4 亀岡─保津峡 P:鈴木博之

亀嵩駅

111006_.soba.jpg

松本清張の「砂の器」が上映された後 ロケ地、亀嵩へ行ってみたくなり出張の途中に強引に山越えをしてたどり着きました。30年程たった今、有名になった「そば」を食べにまた訪れたいものです。 '81.10 亀嵩 P:林 信彦

荒磯とC57

111006_.c57_kamate.jpg

なんとか海を前景にして写したい...、探し回っているうちに列車の通過時刻がどんどん迫ってきて、結局このとおり。(C57 101の牽く客544列車) '73.3.7 岡見─鎌手 P:柿浦和敏

111006_.kiha223.JPG

発車まで時間があったので、妹を車内に残し、ホームに降りて写真を撮りました。ベルが鳴り出したので、最後に妹を写し、乗車しました。 '78.3.21 小倉 P:小林慎治

「出雲3号」

111004_amarube_izumo3.jpg

当時のRM誌に載った写真に刺激された先輩に誘われて撮りに行ったものです。先輩、お元気ですか? '86.5.17 鎧-餘部 P:須崎雅宏

お召列車の記念写真

110915_C58223.jpg

西舞鶴機関区にてお召列車牽引本務機のC58 223をバックに記念撮影。予備機は56号機でした。和田山からはDD54 1号機と3号機がお召列車を牽引。この写真は久美浜病院院長の赤木先生所蔵のものをお借りして代理で投稿しました。 '68.10.5 西舞鶴機関区 投稿:山本順一

昭和の風景

110909_c575.jpg

近所のレイルファンのお兄さんによく連れてもらいました。「汽車がきたらこの辺でシャッターを押せ」と教えてもらいましたが結果はご覧のとおり。しかし懐かしい昭和の風景が写っています。 '67.9.3 嵯峨-花園 P:石地康司

大雪の朝

110909_dd_snow .jpg

大雪の朝、ダイヤの乱れは必至、何かサプライズはないかと家族旅行中の旅館より、カメラを持って駅へ。列車は全面運休、ホームにはDD15のラッセルが佇むのみでした。 '75.12 城崎 P:芝地寛之

DD54の晴れ姿

110819_.dd54.jpg

お召列車は西舞鶴から和田山間をC58 223とC58 56が牽引し、その後このDD54 1とDD54 3が牽引しました。最初で最後のDD54の牽引お召列車でした。この写真は、久美浜病院院長の赤木先生所蔵のものをお借りし投稿したものです。 '68.10.6 和田山 P:山本順一

京都駅のC57

C57190.jpg

京都駅一番線で出発を待つ841列車の先頭に立つC57 190号機。私の記憶ではこの190号機と15号機が先に廃車となり、その後昭和46年春に無煙化により残りの5、39、89、127号機が転属となりました。 '70年夏 京都 P:山本順一

試作機との邂逅

110801_DD91.JPG

三菱が西ドイツ製のエンジンを使って試作し、国鉄が山陰本線、福知山線で試用していたDD91 1 当時ぶどう2号一色だったEL、DLのなか白に近いクリーム色に赤の帯の斬新なカラーリングに驚きました。 '62.9.30 丹波口 P:青山春樹

C55との対面

110728_c5520.jpg

天橋立へ海水浴に行ったとき写しました。当時京都に住んでいて山陰線京都口はC51、C57、D51のみでC55は入ってなかったので初めての対面でした。 '63.7.31 天橋立 '63.7.31 P:青山春樹

梅小路のC51

110725_c51.jpg

C51 271の山陰線の旅客列車の牽引への出発前の整備、掃除風景です。梅小路機関区の見学の時に写した1コマ。 '63.9.8 梅小路機関区 P:青山春樹

110707_499.jpg

穏やかな午後のひと時、静かにやって来たのは後藤工場式の変形デフ機。数少ないこのデフが今になって498に装備されるとは驚き。 862列車 機:D51 499 '70.2.28 殿田 P:青木一郎

110704_499.jpg

JNRとJTBのコラボ「京都汽車ポッポの旅号」。先頭は、関西D51のスター499号機。 '71.5.16 山陰本線 高津-石原 P:石地康司

C51 264

110624_ C51.jpg

鉄道写真を写し始めたころの写真で、この日は10月のダイヤ改正でなくなる客車準急の「白兎」を撮りに行き、山陰線のホームから機回り線を使って客車の編成をしているC51 264を写しました。 '61.9.7 京都 P:青山春樹

嵯峨駅

110610_saga.jpg

自宅から自転車で行ける気軽さもあり、この駅にはよく通いました。踏切で山陰本線を行く気動車やDD51に牽かれた客車列車や時には貨物を見れることもありました。写真たくさん撮っておけばと思う今日この頃です。特に馴染みのあった嵯峨駅はその独特の形がかっこよく僕には映り、また重厚な造りや駅前を見渡せる木製のベンチも思い出深く記憶に残っています。 '86.10.16 嵯峨 P:篠原重光

小さな機関区

110602_c11.jpg

模型のように小ぢんまりとした木次機関区、春が来て勤めを終えたラッセル車の脇でC11がウォーミングアップをしています。 '71.4.1 木次機関区 P:石田哲彦

列車交換

110524_.c57.jpg
保津峡駅からの山陰本線での帰り、丹波口駅で下りのC57 152の牽く列車との交換風景を客車内から写しました。 '62.6.24 丹波口 P:青山春樹

小雨にぬれて

110323_C56.JPG
中学の卒業式を終えて すぐに寝台特急「出雲」に乗り込んで始めての山陰本線の撮影旅行に出かけた。小雨の浜田駅構内でC56が忙しく入換作業をしていた。 '74.3.17 浜田 P:新川 裕

最長ドン行

110201_sanin.JPG
最長鈍行824列車での旅の一コマ。蒸気機関車はもう走っていないけれど、のどかで懐かしいホームの光景は、汽車の時代を彷彿させる。 '78.5 岡見 P:蒲生 洋

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.