鉄道ホビダス

房総西線(内房線)の最近の記事

海水浴臨

20181219140122-5c5701b3ac012f2d4576738a5e685219939f2e19.jpg

この頃の海水浴場は都内から手頃な距離にある房総方面に人気があり、夏は両国や新宿から多くの臨時列車が出ていた。特に気動車急行には大きなヘッドマークが掲げられていた。 1966.7.24 房総西線 岩井−富浦 P:中島正樹

20160927122855-6557baaf503a315c8e11909ee002423bef271dfd.jpg

夏の房総方面は海水浴客で賑わい、蒸機牽引の臨時列車も多かった。この列車は定期列車だったが10輌の客車を牽引し築堤を駆け上って来た。当時電化工事は保田付近まで進んでいた。 '66.7.24 房総西線 岩井−富浦 P:中島正樹

20120613_c58.JPG

岩井-富浦間は変化のある地形で中程にサミットがあり、蒸機列車の迫力あるブラストが楽しめた。海水浴シーズンになると休日には臨時列車が増え、定期列車を含めて10本以上の蒸機列車が走っていた。  '66.7.24 岩井-富浦 P:中島正樹

「汐風」快走

120420_kiha58.jpg

大学の体育の水泳実習が富浦であり、集合時刻より早めに出かけ撮影したもの。キハ28系9連という長い編成で、「汐風」のヘッドマーク付き。まだ、冷房がないので、窓は全開。他には、C58牽引の旅客列車も撮影。ほのぼのとした、ゆるい時代の房総半島だった。 '66.7.27 房総西線 富浦 P:高橋孝一

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.