鉄道ホビダス

常磐・総武各線の最近の記事

C58奮闘

101217_c58.jpg
南酒々井を発車する下り列車は直後から勾配に立ち向かう。陽射しは穏やかだが長い客車を牽き、機関車はブラスト高く煙も黒く、奮闘の様相。千葉発銚子行323列車、機:C58 291。 '69.1.15 南酒々井-榎戸 P:青木一郎

関東平野の秋

101215_ef80.JPG
水戸線を撮りに下館から田圃の中の線路沿いを歩いた。期待した背景の筑波山はやや遠目で逆光気味だったので、傍らのすすきで季節感を出し、抜けるような青空をバックに上り貨物を捉えた。 '82.10.3 下館-川島 P:中島正樹

通学の途中で

101210_c60.JPG
蒸機牽引の列車で通学していた高校生だった頃、新聞部の職制(?)からカメラ常時携帯。磐城太田駅で上り列車交換のため、時間があったのでホームに立ったところ、機関助士がキャブから体を乗り出し機関士と前方の信号確認をするところだった。第221レ。C60 7〔仙。電化後、廃車された。 '67.8 磐城太田 P:渡部 司

有終の美

101116_c6249.jpg
常磐線の平以北の電化完成により、最後の蒸機けん引となったC62 49号機。機関区で、きれいに磨かれ、お払いを受けたあと、最後の仕業についていた。 '67.9.30 平 P:高橋孝一

C58 165頑張る

c58_sobu.jpg
電化間近の総武本線。初秋の日差しの中、いつもとかわらず、淡々と普通列車を牽くC58 165の姿があった...。 '69.9.28 都賀-東千葉 P:中浦秀和

春の上総路

100629_.c58_narita.JPG
成田山新勝寺の本堂建立で御開帳が行われ、期間中成田線を多くの臨時列車が走った。沿線では田植え準備の代掻き作業に余念のない中をC58牽引の旅客列車が往復していた。 '68.4.14 木下-小林 P:中島正樹

100629_.ef81.jpg
現在は北斗星塗色となり、寝台特急「北斗星」やコンテナ貨物を牽いているEF81 97号。国鉄時代の水戸線では旧型客車の先頭にも立っていました。 '81.3.26 水戸線 下館 P:石橋良章

常盤・総武各線

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.