鉄道ホビダス

奥羽本線の最近の記事

矢立峠に向けて

101217_d51.JPG
白沢から碇ヶ関に向けては難所の矢立峠越えがあり、補機付の列車が多い。複線化や路線改良工事でその後沿線環境はすっかり変わってしまった。訪れたこの日はあいにくの悪天候で早々に切り上げてしまったのが残念である。 '69.8.3 白沢-陣場 P:中島正樹

大釈迦峠にて

c610071aa.jpg
2400mの新大釈迦トンネルの横で、444レを待つとC61 19が爆音をたてながらゆっくりと大釈迦峠を上がってきた。 '71.3.17 大釈迦-鶴ヶ坂 P:鈴木一平

試験線のD51 1

100929_d511.jpg
青森区在籍最後の全般検査を完了後、試験線にて力行試験中のD51 1〔青〕、写真でもお解かりの通り下り勾配のため、後ろにD51 554を重しに加速中です。なお554号機はヨン・サン・トウで除籍されるも、土崎工場製作(全12輌)の最終番D51のため、構内移動用として保存されていたものです。(現在は、土崎駅そばの神明社に静態保存中) '69.6.15 土崎工場試験線 P:土方博生

川部駅の朝

100928_kawabe.jpg
早朝の川部駅には大きな荷物を担いだおばちゃんが大勢いました。おばちゃんたちは、早口の津軽弁でにぎやかにおしゃべりをしていました。 '71.3.18 川部 P:鈴木一平

後部補機の息遣い

100413_d51_yadate.jpg
奥羽本線の矢立峠で、旅客列車をプッシュする補機D51。旧型客車なので、最後部に乗ればいつでもこんなカットは撮れた。「乗り鉄」としても、後部補機の息遣いをたっぷり味わった。 '70.8.23 碇ヶ関 P:高橋孝一

老雄健在なり

100317_c51.JPG
坂町から雪の米坂線を抜けて米沢に出た。ここで奥羽本線に未だC51が健在と知り、米沢機関区を訪れた。この頃各地で第一線を退いた休車状態ばかり見てきたので、この遭遇はうれしかった。 '61.12.29 米沢機関区 P:中島正樹

同時発車!

100317_doiji.jpg
キハ82系「つばさ」「白鳥」ならぬ485系「つばさ」「いなほ」の同時発車が実現してしまいした。秋田鉄道管理局広報の企画で、いなほ延発によって可能となりました。許可のもと、羽越・奥羽両線の真ん中で撮影したのはたった4人でしたが、今だに興奮したのを思い出します。 '82.9 秋田 P:土方博生

100315_ueno.jpg
上野駅15番線では特急「あいづ」が折り返し「ひばり」となるため愛称板の交換が行われていた。この光景は大宮の鉄道博物館で再現されていた。 '68.10.27 上野 P:内田博行

D51 100

100113_d51_100.jpg
羽越本線酒田までの運用もあった、なめくじ最終機横手のD51 100、ここ現・桂根駅内には、昭和37年指定鉄道記念物「秋田第1号鉄道飛砂防止林」指定記念碑があります。背景左側の斜めに伸びている林がそれです。 '70.7.22 桂根(信) P:土方博生

「つばさ」交換

100105_kiha181_tsubasa.jpg
181系化なった三代目「つばさ」2D、初日出発式もなく静かなスタート。1Dつばさと初の交換。車掌さんに無理なお願いし、中間組成のキハ181運転席の窓からパチリ。雪煙とともに過ぎ去りました。 '70.2.12 糠目(?) P:土方博生

難所を越える

100105_ef71_2.JPG
奥羽本線板谷峠越えは急勾配と豪雪の難所として知られ、スイッチバック駅へのポイントを覆う大きなスノーシェードが特徴だ。EF71重連の426レが米沢側から進入して来た。 '74.2.17 大沢-関根 P:中島正樹

矢立峠のC61 20

091228_c6120.jpg
青森行き823列車です。本務機がC61 20、後部補機はまだトンネルの中ですが、D51 1+DF50の3台運転でした。 '70.8.23 陣場─津軽湯の沢 P:向山賢一郎

C61 20牽引833レ

091225_c6120.jpg
まさか復活してくれるなんて。 '68.3.1 秋田─土崎 P:土方博生

秋の日の「つばさ」

091214_ef71_kigha180.JPG
待っていた甲斐あって日暮れ前にEF71補機付きのキハ181系「つばさ」がやって来た。傾きかけた秋の日射しが田園の稲干しに降り注ぎ、華やかな舞台を提供してくれた。 '75.11.3 庭坂-赤岩 P:中島正樹

客レ編成長日本一?

091214_D51_D51_16_C11_690601.jpg
621レ青森行はD51+D51+ハ16+C11(逆)。370m超で客レ編成長日本一か?。一日市(現・八郎潟)まで運行、後10車+C11は折返し秋田行(休日運休)となる。 '69.6.1 秋田 P:土方博生

雪晴れの矢立峠

091015_df50.JPG
C60やC61が活躍した奥羽本線の矢立峠越えは新線に切り替わってすっかり魅力を失ってしまった。蒸機に交じって峠を越えてきた上り旅客DF50をこの撮影行で唯一カラーで狙ってみた。 '66.1.16 陣場-津軽湯の沢 P:中島正樹

急勾配を攀じ登る

yamashita_syuji028.jpg
名にし負う天嶮板谷峠、延々と33‰を上ってきたED78牽引の普通列車が赤岩のスイッチバックに進入。苦しげなモーター音を谷間に響く。就職の決まった鉄研の先輩にそそのかされ、学校を1週間サボって晩秋の東北に赤い電機を追った時のひとこま。 '78.11.30 奥羽本線 庭坂-赤岩 P:山下修司

三重連発車

09_06_22_d51%20.jpg
矢立峠を行くD51三重連を碇ヶ関で28mmレンズで撮影。画面真ん中下の噴水は、線路下に設置してあったホースの水漏れ。旅客列車を牽くC61やD51の後部補機など、蒸機の活躍する最後の姿を満喫した一日であった。 '70.8.23 碇ケ関 P:高橋孝一

C61の普通列車

09_06_22_c6124.jpg
C60とC61を見に正月休みを利用して行った奥羽本線、D51の貨物列車と入れ替わりで来たC61 24の走行は迫力がありました。 ’71.1.8 東能代─鶴形 P:鴨下精一

整備作業

ko_09_06_17_c61.JPG
北海道に初めて渡る前に青森に途中下車。職員の方3名が炎天下で整備作業中だった。 ’71.8.3 青森機関区 P:宮山幸雄

未明の山形駅

yamagataIMG_0002.jpg
上野発急行「津軽」車掌さんが引き継ぎを終え客車に戻り、SGがシュウシュウ音をたてながらDD51が出発を待つ。 '74.3.23 山形 P:関口利夫

C61現る!

08_12_19_c61.JPG
出発を待つキハの車内に、突然飛び込んで来た汽笛! 窓から身を乗り出すと同時に、大館区所属のC61 24が、物凄い勢いで駆け抜けて行った! '71.5.3 森岳 P:中浦秀和

C61発車!

C6133_10_22.jpg
数輌残っていた東北のC61! 今雨が上がったばかりの空に汽笛一声。白いドレインを勢いよく吐き、客車を牽いて、秋田へ向け爽やかに駆け抜けて行った。 '71.5.1 東能代 P:中浦秀和

ちょっと一服

oiwake_c61.jpg
C61 19牽引の823列車です。交換列車との待ち合わせのため、停車中のひとこま。機関士さんも一服です。この後機関士さんのご好意により運転席にて記念撮影までさせていただきました。実におおらかでよい時代でした。 '71.7.28 追分 P:小林 剛

赤い電機の交換風景

1982_05_09_423T.jpg
初めて訪れたスイッチバックの赤岩駅。普通列車からホームに下りてカメラを構えているとEF71 15が牽引する普通列車が進入してきた。山形新幹線など想像できなかった頃の奥羽本線のノンビリした列車交換風景だった。 '82.5.19 赤岩 P:鈴木博之

3ds470815.jpg

昭和47年の夏のある日、気が付いたら板谷峠越えの「つばさ」にEF71が付いていました。それまで意識していなかった列車が、急に注目の列車に変身したのです。福島機関区で伺ったら、暫定的な運用との事でしたが、結局電車化まで協調運転は続けられました。それ以来機会あるごとに「つばさ」にカメラを向けるようになりました。 '72.8.15 福島~笹木野(福島機関区付近) P:阿部 淳

'79,9,6 大館駅  のコピー.jpg

50系客車がピカピカの新車だった頃のスナップ。私がこれから乗る列車が左側。「50系初乗りだ」とちょっとワクワクしながら撮った一枚。 '79.9.6 大館 P:君島弘道

本州最後のキューロク

nukanome730329.jpg

米坂線の無煙化後も予備機で残っていた、59634号機に火が入ったと言う情報を得て、早速撮影に行きました。長井線の貨物運用ですが、初めての事で撮影地も判らず、何となく勘で下りた駅で駅撮りをしました。通勤時間帯で列車が迫っていたのか、かなりのスピードで走り去っていきました。この後終点の荒砥駅まで追い駆けました。これが、私が見た本州最後のキューロクの、最後の運用でした。 '73.3.29 糠の目 P:阿部 淳

雪晴れの道

tsubasasekine750217.jpg

雪晴れの休日なので、カメラを持って駅に行って見ました。特に遅れも無く運行されているようで、雪国の鉄道の強さを感じました。やがてEF71にサポートされた、特急「つばさ」がやってきました。期待したほどは、雪まみれになっていませんでした。 '75.2.17 米沢~関根 P:阿部 淳

電化前の奥羽本線

421re2d730707.jpg

大学1年の夏、せっかく山形で暮らしているんだから、非電化の奥羽本線も撮っておこうと、新庄まで出掛けました。珍しくDD51重連になった客レは、舟形駅で特急「つばさ」と交換しました。 '73.7.7 船形 P:阿部 淳

「あけぼの」撮影の南限

akebono740630.jpg

夏至の前後になると、特急「あけぼの」の撮影南限を求めて、よく新庄付近に行きました。この日は朝霧が出ていたため新庄駅の発車を狙いました。もう電化のための、架線柱が立ち始めていました。 '74.6.30 新庄 P:阿部 淳

東能代機関区

higashinoshiro710815_1.jpg

五能線のハチロクを求めて機関区訪問したら、お目当てのハチロクは不在で、代わりに珍しい機関車が並んでいました。左からC11 277,DF90 1,ED75 705,D51 780。 '71.8.15 P:阿部 淳

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.