鉄道ホビダス

豊肥本線の最近の記事

「豊の国号」走る

100401_c58.jpg
昭和56年12月1日から1週間、日豊本線別府─豊肥本線三重町間でC58 1の蒸機列車が運転された。豊肥本線をC58が走るのは9年ぶりで、大分県の鳥「めじろ」をデザインした"豊の国号"のヘッドマークを掲げて勇姿を披露した。9704レ。 '81.12.10 大分─下郡(信) P:小野和俊

碇山午前7時09分の構図

100326_C58112.jpg
その昔神武天皇が東征の折、碇を降ろして立ち寄ったと伝えられる碇山のふもとを豊肥本線が通っている。滝尾駅を出て米良川の土手にかけて17‰の上り勾配があり、ここが唯一大分平野の中で煙の期待できる場所であった。碇山を背景にするこの位置は幾度もC58を待った思い出の撮影地である。 721レ。 滝尾─下郡(信) P:小野和俊

スイッチバックを上る

tateno9600.jpg

キューロク牽引1791レ。列車は立野駅に停車した後、転向線をバックし画面右上に見える線路に出てくるまで何度もシャッターチャンスがあった。 ’72.4.16 瀬田─立野 P:鈴木博之

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.