鉄道ホビダス

八高線/群馬藤岡−丹荘

築堤を行く列車を午後の斜陽で捉える
20180215122210-83ad50b51caf1a05bb4501ad27181f447dee19c0.jpg

2017.1.23
赤松謙一(神奈川県)

【ガイド】八高線の非電化区間で、午後傾き始めた日射しを浴びる列車を順光で捉える有名撮影ポイント。神流川を渡る橋梁へのアプローチとなる区間で、南北方向からほぼ90°カーブしているため西陽に被写体が映える。上下列車どちらも撮影可能で、効率がよい。高崎行き下り列車の方が正面まで日が回る。作例のように上り列車を撮影するさいは上州の山並みを背景に出来る。

【レンズ】150mm

【アクセス】群馬藤岡駅からのほうがアクセスしやすく、25分ほど。丹荘方面へ線路に平行に進路を取り、西上州やまびこ街道へ出て国道254号をくぐると田園地帯が開ける。そのまま右側に線路を見ながら進むと線路が東へとカーブする辺りに踏切があり、ここが撮影地となる。車なら関越道上里スマートICを降りて神流川と平行に進路を取ると国道254号へ出る。神流川を渡った先で八高線を渡る跨線橋があるが、手前で下りて線路と平行に進むと撮影ポイントの踏切へ到達する。

【国土地理院1/25,000地形図】藤岡

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.