鉄道ホビダス

越中島貨物線/小名木川信号場−越中島貨物

大都会の中の非電化単線区間を行くディーゼル機関車を撮る
20180124115701-93541d0efd22c2983d59a087d0535a2aec9b23bd.jpg

2017.12.7
中司純一(兵庫県)

【ガイド】総武本線亀戸附近から南へ分岐し、越中島にある「東京レールセンター」に向かう通称「越中島貨物線」は、都心に残る貴重な非電化・単線区間である。この区間で日中3往復のレール運搬及びその返空列車が撮影出来る。かつて、操車場があった小名木川に設けられた信号場以南は地平となり、幾つか存在する踏切周辺が撮影ポイントとなる。紹介するのは、小名木川信号場から南へ二つ目の「締川踏切」。マンション群の真っただ中にあるが、光線条件の悪い冬場でも、比較的線路に影が落ちにくい。作例は、踏切西側から撮影した7283列車で、当地通過は14時55分頃。最も日没が早い時期の撮影ではあるが、踏切手前まで陽が当る。牽引機はJR東日本のDE10だが、作例のように単機のこともあるので注意。

【レンズ】28mm

【アクセス】東京メトロ東西線「南砂町」下車。永代通りを西へ行き、「日曹橋」交差点から明治通りを北へ。「南砂三丁目」交差点のすぐ西側に「締川踏切」がある。車は、明治通りまたは永代通り沿いのコインパーキングを利用のこと。

【国土地理院1/25,000地形図】東京首部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。
レイル・マガジン

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.