鉄道ホビダス

奥羽本線/真室川−釜淵

針葉樹林を背景にした築堤で701系電車を撮る
20170921134938-2f2ebe1f52cde2e9528c7d248171753f16422d96.jpg

2017.5.21
山中英一(山形県)

【ガイド】 山形・秋田両新幹線の開通後、閑散区間となってしまった県境越えの区間。順光となる午後の列車は上下3〜4本程度、車輌も普段は701系電車のみであるが、風景は素晴らしいものがある。線路と反対側には縁石で区分された歩道があるが、線路側は路側帯のみ。交通安全と農作業の妨げにならないように留意されたい。 

【レンズ】 50mm

【アクセス】 真室川駅を出てすぐ右(秋田)方向へ約1.5km、20分弱。安久土橋で金山川を渡り、小学校やJAの集荷場を過ぎると右手にポイントの築堤が見えてくる。列車本数が少ないため、列車+徒歩よりも車利用が現実的。新庄市内からのアクセスは複数可能であるが、概ね線路に沿った県道313号(泉田新庄線)ー58号(新庄鮭川戸沢線)ー35号(真室川鮭川線)のルートを選べば面白い。距離は17〜18km、時間は約30分。撮影ポイント付近に適当な駐車スペースはない。真室川駅には広い駐車スペースがあるので、そこからは徒歩で。

【国土地理院1/25,000地形図】 羽前金山

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。
レイル・マガジン

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.