鉄道ホビダス

愛知環状鉄道線の最近の記事

秋の陽射しに輝く紅葉と愛環列車を狙う

04.jpg

2005.12.1 
寺沢秀樹(愛知県)

【ガイド】都市近郊路線のイメージが強い愛環線の中で、山深い雰囲気で紅葉を狙えるポイント。終日順光にはならないが、逆光を生かして紅葉を浮かび上がらせるのがコツ。撮影は列車の側面に光が当たる朝の早い時間帯がよい。レンズは300mm以上が必要。紅葉の見頃は11月下旬~12月初旬。

【レンズ】300mm相当

【アクセス】篠原駅下車。線路西側の国道155号線を豊田方面へ800m程進んだところにある「篠原町上り花」交差点を左折すると愛環線の橋桁が見える。線路のすぐ手前に左へ入る農道があるので、そこを線路沿いに進む。右側にある金網のフェンスがなくなったところが撮影ポイント。篠原駅から約20分。車では猿投グリーンロード八草ICから約10分。国道155号線を豊田方面へ。「篠原町上り花」交差点を左折する。農作業に支障があるので、左に入る農道への車の乗り入れは避けたい。

【国土地理院1/25,000地形図】平針

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

桜と愛環列車のジョイント
_DSC4116(web).jpg

2006.4.3
寺沢秀樹(愛知県名古屋市)

【ガイド】街中の高架線が多い愛環線にも桜を絡めることができるポイントがある。車両は2000系の2輌または4輌のほか、昼間帯にはJR東海211系の4輌も撮影できる。レンズは桜を入れるなら50mm、桜以外の季節は100~200mmで豊田の街並みを背景にした愛環らしい作品をモノにすることができる。なお、この区間は18年度中に複線化工事が始まる予定であり、工事が始まると現在のようなスッキリとした条件での撮影は難しくなるので、早めの訪問をお勧めする。

【レンズ】50mm相当

【アクセス】新豊田駅から徒歩約10分。愛環線の東側を高架橋沿いに新上挙母方面へしばらく進むと左前方にガソリンスタンドが見える広い道路にぶつかる。この道路を左側の横断歩道で少し迂回するように渡り、再び愛環線沿いに進むと途中から急な坂道になる。この坂道を登り切った頂上付近が撮影ポイント。

【国土地理院1/25,000地形図】豊田南部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

高架線上を行く愛環車輌を撮る
DSC_0935(web).jpg

2005.9.25
寺沢秀樹(愛知県名古屋市)

【ガイド】高架区間が多い愛環線の中でスッキリとした編成写真が撮れる数少ないポイント。100系が引退した今、愛環車は2000系に統一され、バリエーションがなくなってしまったが、昼間帯にJR東海の211系4輌が5往復(高蔵寺~岡崎間)乗入れている。2000系は2輌での運用が中心だが、朝夕のラッシュ帯には4輌の運用も数多く見られる。後ろには名鉄豊田線の高架橋が通っており、運がよければ豊田線の列車との出会いも期待できる。レンズは200~300mmがベスト。光線は午前中が順光。

【レンズ】200mm相当

【アクセス】愛環梅坪駅・名鉄三河線の梅坪駅、どちらからでも徒歩約10分。愛環梅坪からは、愛環線の東側を高架橋沿いに新豊田方面へしばらく進むと愛環線がトンネルに入る手前に小さな階段がある。それを登り切ったところが撮影ポイント。名鉄の梅坪からは、愛環線の方向に進み、高架橋に突き当たったところで愛環梅坪からのルートと合流するので、そこを左に曲がって高架橋沿いに進むと前述の階段が見えてくる。

【国土地理院1/25,000地形図】豊田北部

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

レイル・マガジン

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.