鉄道ホビダス

DT38 TR208 / 日本国有鉄道711系

DT38.jpg
DT38

TR208.jpg
TR208
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:円筒案内式 枕ばね:空気ばね

 1968(昭和43)年に登場した国鉄711系電車(量産車)の台車。DT32/TR69系の流れをくむ空気ばね台車だが、軸箱支持は円筒案内式、軸受は密封コロ軸受を採用した。ブレーキ装置はM台車が踏面両抱き、T台車がディスクブレーキ。なお、前年登場の試作車では台車も試作形式とされ、M台車はDT38X、T台車ではディスクブレーキのTR208Xと踏面ブレーキのTR208Yが比較試用されている。
 DT38/TR208系はその後、1978(昭和53)年に登場した781系特急型電車にもDT38A/TR208Aとして組み合わされている。
711k.jpg
1985.11.14 札幌運転所 P:RM

参考文献:『ガイドブック最盛期の国鉄車輌5』浅原信彦(2008年 ネコ・パブリッシング)

2018.6.1作成

これまでに収録した国鉄電車用台車

台車のさくいん
メーカーによる形式 鉄道事業者による形式

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.