鉄道ホビダス

TR217B / JR西日本オロネ14形300番代

TR217B
TR217B(オロネ14 302)
軸距:2000mm
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:空気ばね

 TR217系は1969(昭和44)年から登場した国鉄12系客車から採用された空気ばね台車である。基本形式はオハ・オハフがTR217、スハフがTR217A。以後、12系の増備や14系、24系、そして一部の荷物車にも改良を重ねつつ組み合わされた。
 TR217BはTR217系の第二世代にあたるもの。12系では5次車にあたる昭和45年度第1次債務負担車のオハ・オハフ、14系寝台車では1次車から2次車にあたる昭和46年度本予算車までのオロネ、オハネ、オシが履いた。なお、同時期の電源機関搭載車(スハフ12・スハネフ14)はTR217Cを履く。
 写真は「出雲」用としてオハネ14 35から改造されたオロネ14 302のもの。
orone14302.jpg
オロネ14形300番代:RailMagazine92号参照 
1991.3.13 後藤車両所 P:RM

参考文献:「12系・14系座席車のあゆみ」岡田誠一(鉄道ピクトリアルNo.757所収)、「14・24系寝台客車のあゆみ 1国鉄編」岡田誠一(鉄道ピクトリアルNo.757所収)

2018.5.29作成

これまでに収録した国鉄客車用台車
TR11 TR73 TR47A TR53A TR55B TR60 TR202 TR206 TR217B TR230 TR232

台車のさくいん
メーカーによる形式 鉄道事業者による形式

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.