鉄道ホビダス

TS-803 / 京王帝都電鉄5100系

 
ts803.jpg
TS-803(M台車/デハ5104)
軸距:2300㎜ 車輪径:860mm
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:空気ばね

 京王5070系(後の5100系)の台車交換用として製造されたもの。1963(昭和38)年、京王線の1500V昇圧ととも颯爽とデビュウした京王5000系は、4輌編成はカルダン駆動・空気ばね台車であったが、附属編成的役割の2輌編成(5070系)は当初、2700系から台車を流用していたため、吊り掛け駆動、コイルばね台車であった。
 TS−803は5070系Mc車が履いていたTS−101系の交換用として製造されたもの。ベローズ式の空気ばねが採用されたが、駆動方式は吊り掛け式のままで、軸距が2300mmと長い。1967(昭和42)年から交換が始まり、最終的には吊り掛け駆動の12輌(5071〜5082→5101〜5112)全てがこの台車となった。これら12輌は1988(昭和63)年までに全廃、伊予鉄道へ譲渡されているが、台車は軌間の違いからFS316(元小田急)やFS340(元東武)に交換されており、TS−803を見る事はできない。
ktr5104.jpg
晩年の5104+5854。 1986.10.29 若葉台検車区 P:RM

参考文献
RM LIBRARY146『京王5000系』鈴木 洋(2011年 ネコ・パブリッシング)
『復刻版 私鉄の車両17 京王帝都電鉄』
飯島 巖・森本富夫・荒川好夫(2002年 ネコ・パブリッシング)

2012.1.31作成

LINK 京王電鉄

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.