鉄道ホビダス

N-104 N-104T / 札幌市交通局M101・Tc1

 
658:N-104
N-104(M台車/M101)

659:N-104T
N-104T(T台車/Tc1)
軸距:1400mm 車輪径::610mm
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:エリゴ

 1961(昭和36)年に登場した札幌市電の"親子電車"M101+Tc1の台車。610mmの小径車輪を使用し、軸距も1400mmとコンパクトにまとめられている。まくらばねにはエリゴを使用。M台車は1コモータ1軸つり掛け駆動。ラッシュ時に増結されたTc1は純粋な制御車ではなく、実際には台車はM+Tの組み合わせである。
 "親子電車"は1組のみに終わったが、続いて登場した連接車A800形、A810形には同系のN-104Aが使用された。
Sapporo streetcar M101. A 1961 debut. The prototype of two connections.
現在は1輌で使用されるM101号。相棒のTc1号は交通資料館に展示されている。 2011.2 P:高橋一嘉

M101_cab.jpg
参考:新千歳空港のM101風のモニュメントが編集長啓白で紹介されましたが、これは本物のM101号の運転台。

参考文献
『日車の車輌史 図面集-戦後私鉄編』『日車の車輌史 写真・図面集-台車編』
日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会(1998・2000年 鉄道史資料保存会)

2011.12.15作成

LINK
札幌市電 ブリル79E改 N-104 N-104T TS-309
路面電車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.