鉄道ホビダス

ND-112(ND-113) / 富士急行5000形

 
652:ND112
ND-112(モハ5001)
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:軸箱守(ウイングばね) 枕ばね:コイルばね
 1975(昭和50)年に登場した富士急行5000形電車の台車。5000形はMM'ユニット2輌編成でT台車の設定はなく、先頭側には雪掻器を装備する。ご覧の通り国鉄DT21をベースにしたものだが、組み合わされる駆動装置は国鉄とは違ってWNである(富士急は3100形で狭軌初のWNドライブを採用している)。
 ちなみに『日車の車輌史 写真・図面集-台車編』によれば、本来ならば形式名はND-113であり、ND-112はインドネシア国鉄電車向けのものと重複しているという。
A Fuji Kyuko 5000 type train. A 1975 debut.
P:高橋一嘉

参考文献:
『日車の車輌史 写真・図面集-台車編』
日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会(2000年 鉄道史資料保存会)

2011.9.20作成

LINK これまでに収録した富士急行関連の台車
NB-1 ND-112(ND-113) FS316
LINK これまでに収録したDT21近似の台車
FS342 KD207 NA-31 ND-112(ND-113)

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.