鉄道ホビダス

KS45L(64C-24B2) / 阪堺電気軌道モ161形

 
649:KS45L
KS45L(64C-24B2)(モ161)
軸距:1625mm 車輪径:660mm
軸箱支持:軸箱守(軸ばね) 枕ばね:板ばね

 阪堺電気軌道モ161形が履く台車。大正の末に誕生した大阪市電1501形に端を発する住友製鋼所(現・住友金属工業)製KS45Lの一種。モ161形は1928(昭和3)年の登場だが、その前年に登場したモ151形も同形台車を履いていた。黎明期の国産台車の姿を今に伝える貴重な存在である。
MO161type of the Hankai trolley line. A 1928 debut.
昭和40年代の姿に修復されたモ161。復元に際して方向幕部の出っ張りは引っ込められ、蓋が被せられたが、一般運用時に備えて蓋を外すと従来通り方向幕が設置されている。 2011.6.10 我孫子道車庫 P:高間恒雄

参考文献
「台車のすべて(13・14)」吉雄永春(『鉄道ピクトリアル』99・106号所収/1959・60年 鉄道図書刊行会)


LINK
これまでに収録した南海電車・阪堺電車関連の台車
これまでに収録した路面電車の台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.