鉄道ホビダス

グリーン車ふたたび

 
CDK2001
7月24日から営業運転を開始した銚子電鉄2000形に、遅ればせながら乗車してきました。26年振りに見る動く「グリーン車」は、京王帝都時代からの利用者にとってはちょっと感動。前サボ受けもよいアクセントになっています。
cdk2501.jpg
銚電2000形は2輌編成2本。2001(伊予822←京王帝都2070)+2501(伊予852←京王帝都2575)がグリーン、2002(伊予823←京王帝都2069)+2502(伊予853←京王帝都2576)がイオンの広告ラッピングになっています。このうち外川方のTc車(2501・2502)は京王時代のサハを伊予鉄時代に先頭車化した「5000系顔」ですが、意外にもグリーンが似合っています。
TS307
「グリーン車顔」ともいうべき湘南スタイルのMc車の台車は2輌とも東急車輛製のTS-307。伊予鉄転入時に組み合わされた井の頭線1000系(もちろん初代)のものです(ちなみに京王デハ2010形のオリジナルの台車は日立製のKH-14A)。
TS321A
Tc車が履く台車は京王線時代からのものですが、各々形式が異なります。これはグリーンの2501が履く東急車輛製TS-321A
626:NA318T
一方、イオンカラーの2502が履くのは日車製NA-318T。前者に比べると曲線的な、柔らかな形状です。ちなみにTc車の2形式とも空気バネ台車、これは銚子電鉄ではお初です。
cdk2501b.jpg
南平-平山城址公園...ではなく君ヶ浜付近を快走する2001。車齢50年近くの電車とは思えない美しさです。

2010.8.26作成

LINK
これまでに収録した京王電鉄関連の台車
これまでに収録した伊予鉄関連の台車
これまでに収録した銚子電鉄関連の台車
雨宮板台枠改 FS316 TS-307 TS-321A NA-318T

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.