鉄道ホビダス

ST-DT61G ST-TR246M / 相模鉄道10000系

 
502:ST-DT61G
ST-DT61G(M台車/モハ10102)

503:ST-TR246M
ST-TR246M(Tc車先頭側/クハ10501)
軸距:2100mm 車輪径:860mm
軸箱支持:軸梁式 枕ばね:空気ばね(ボルスタレス)

 2002年に就役した相模鉄道10000系電車の台車。10000系のベースとなったJR東日本E231系のDT61/TR246系に準じた軸梁式台車で、長らく直角カルダン駆動を採用してきた相鉄では、このM台車で初めて平行カルダン駆動が採用された。形式名もJR形式に「ST」を冠したもので、M台車は1形式、T台車は3形式。配置は以下の通り。
M車:ST-DT61G
T車:ST-TR246N
Tc車先頭側(駐車ブレーキ付):ST-TR246M
Tc車連結側:ST-TR246P

10000 series commuter trains of Sagami Railway. A 2002 debut.
相模鉄道10000系:RailMagazine223号参照 2002.2.11 厚木 P:RM

2009.5.29作成

LINK これまでに収録した相模鉄道関連の台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.