鉄道ホビダス

OK-10C OK-10D / 熊本市交通局5000形

 
470:OK-10C
OK-10C(両端M台車/5015B)

471:OK-10D
OK-10D(連接部T台車/5015B-5015A)
軸距:1500mm 車輪径:660mm 軌間:1435mm
軸箱支持:軸梁式 枕ばね:コイルばね

 かつて北九州線、北方線、福岡市内線あわせて112編成を擁した西鉄の軌道線用連接車群のうち、37編成は川車製であり、これらはいずれも川車製軸梁式台車、いわゆるOK台車を履いていた。このOK-10系は福岡市内線1001形用のもので、吊り掛け駆動であった北九州線1001形のOK-9およびOK-12系に比べ、中空軸平行カルダン駆動を採用している。
 写真のOK-10C/OK-10Dは1957(昭和32)年製の1006~1015に組み合わされたもので、うち4編成が熊本市電に譲渡され5000形となった。西鉄軌道線用連接車の譲渡車は広島電鉄や筑豊電気鉄道にもいるが、カルダン駆動・OK台車の組み合わせは熊本市電5000形のみである。
The 5000 type train of the Kumamoto streetcar. A product made in 1957, a former Fukuoka streetcar.
2009.1.19 新町 P:高橋一嘉

参考文献:『路面電車ガイドブック』東京工業大学鉄道研究部・著(1976年 誠文堂新光社)

2009.2.1作成

LINK
これまでに収録した西日本鉄道の台車
KW-60A KW-61A KW-161B OK-10C OK-10D KL-11B KL-13 FS51
これまでに収録した熊本市交通局関連の台車 OK-10C OK-10D NS-18 NS-19
これまでに収録した路面電車関連の台車

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.