鉄道ホビダス

「絵画館」の電車たち

 
クモハ40
 本誌Rail Magazineで198回にわたって連載された沼田博美さんの「絵画館」の原画の一部がホビダスで販売されることになった。
 「絵画館」が始まったのはRM101号(1992年2月)だから、もう15年以上前のことになる。ついこの間のような気もするが、後に担当となる私もまだ一読者で、その号の「客車列車D・A・I・S・U・K・I」という特集タイトルからして、いろいろな意味で時代を感じざるを得ない。
 その第1回の題材は、まだ「南海電車」だった貴志川線の1201形だった。以来、198ヶ月の顔ぶれを改めて見てみると、今なお現役で活躍していたもの、引退間近のもの、保存されて余生を送るものなどなど、その時々の車輌たちの肖像が浮かんでくる。
 ちなみに連載をご覧の方ならご存知と思うが、沼田さんは江ノ電・極楽寺育ちの大の電車ファン。生き生きとした車輌たちの姿は「好き」ならではの視点で描かれたものなのである。(高橋一嘉)
沼田さん
カメラを構えたファンに混じって相鉄モ二2000形を描く沼田さん。こうしたイベントの場などで偶然お会いすることも。 2006.3.5 P:高橋一嘉

2008.7.27作成

このweb上のすべての画像は個人でお楽しみになる以外の使用はできません。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.